【超初心者向け】ベランダのゴーヤ水耕栽培で100個以上収穫を狙う人に書いた育て方まとめ

散らかってたゴーヤ水耕栽培記事をまとめてみた。

元々ゴーヤの水耕栽培術を紹介していたゴーヤ研ですが、今やプログラミングだったり空き家だったり、ゴーヤ以外の記事も増えまくってきました。

記事の幅が広がることは大変よろしいことなのですが、ゴーヤの水耕栽培に興味を持った方にとっては記事を見つけづらくなってしまいました。

そこで、ゴーヤ水耕栽培に興味を持たれている方向けに

  • 費用対効果
  • ベランダの空間活用術
  • 水耕栽培概論
  • 栽培装置
  • 日々のメンテナンス方法
  • 調理方法
  • 産地レポート
  • 統計データ

といったゴーヤに関する体系的な知識を、過去記事ベースにまとめてみましたので、是非御覧ください。

またお子さんの夏休み自由研究テーマとしても面白いかもしれませんね。

 

栽培のゴールイメージ

ゴーヤ水耕栽培を始めるにあたって、実際どんな事が実現できるのか?ゴールイメージを抱くことは重要です。モチベーションもUPします。

2015年ゴーヤ支出(絶対額)

収支とコストパフォーマンス

まず、ゴーヤ水耕栽培の経済的評価ですが、確実に家計にプラスになります。投資と回収額をまとめたのが下記記事。2年目以降は初期投資額が抑えられる分、さらに利益幅が向上します。

月次の収穫イメージ

ゴーヤには収穫のピークがあります。はじめはちょろちょろしか穫れなかったのが、ある時期に急激に採れるようになります。

その時慌てないように、月次の収穫イメージを持っておくとスマートです。ちなみにゴーヤ研では9月がピークでした。

大量に収穫できたゴーヤの行き先

水耕栽培は成功するとものすごい数のゴーヤが穫れます。ぼくが成功した2015年の都市には144個も穫れたのですが、とても自家消費では追いつきませんでした。

そこで妻の実家だったり、当時勤めていた会社の総務のおばちゃんに売ったりしてました(笑)

スーパーに並ぶゴーヤって物流の都合上どうしても表面の突起部にキズがついてしまうんですよね。なので朝採れたてのキズがないゴーヤは非常に喜ばれました。

 

 

ベランダのスペックと空間活用

当研究所の舞台となるベランダは潤沢な広さを有しておりません。広さにして約1畳です。この限られた空間をいかに有効活用するか試行錯誤しました。

ベランダスペック2

ゴーヤ研のベランダスペック

ゴーヤ研のベランダスペックを事細かにまとめたレポートです。うちのベランダでもいけるのか??その参考の一助となれば幸いです。

 

収量を30%UPさせる空間活用術

エアコンの室外機もあるという空間的制約が多い中で、如何に収量をUPさせるか?数ヶ月試行錯誤した結果がコチラです。

 

 

水耕栽培とは?

今まで植物を育てた事がある方は、ほとんどが土栽培だったのではないでしょうか?馴染みのない水耕栽培を理解するために解説いたします。

AS20150523003304_comm

水耕栽培のメリット

水耕栽培最大のメリットは、成長スピードが高いことにあります。加えて思い土を運んだり処分する手間がありません。その詳細をまとめた記事がこちらです。

 

最強の培養液ハイポニカ

水耕栽培で使う培養液には様々な種類があります。ゴーヤ研では使いやすく長年の実績があるハイポニカを推奨しております。つくば万博では1万個以上のトマトを収穫したそうです。

 

DIY版水耕栽培装置の作り方

世の中には水耕栽培の便利な育成キットが売られています。だがしかしちょっとお高いんですよね。多少手間はかかりますが、DIY好きな方であれば自作でできます。

装置概要

水耕栽培装置本体

最低限必要なのは、電源・液肥・液肥槽・ポンプです。装置の構成と原理を解説した記事がこちらです。月間3,000PV以上読まれる超人気記事です。

 

自動給水装置

水耕栽培の命綱となるのが水。これが切れてしまうと、ゴーヤはジエンドとなってしまいます。初夏の頃であれば大して気にはならないのですが、真夏になるとゴーヤの吸水量が飛躍的に増えるので、自動給水装置をつくっておきことをオススメします。

こちらも自作で千円ちょいでつくれてしまいます。

 

ポリタンクの選び方

給水をする上で必須になるのがポリタンク。ペットボトルでは水場と何往復もするハメになってしまいますからね!こちらは7種類のポリタンクを水耕栽培目線で徹底比較した記事です。

 

軽量コンパクトな給水ホース

夏場は数十リットルもの水があっという間になくなってしまうことから、その補給におわれることをベランダ業界では「水奴隷」と呼びます(笑)。しかし、もし水場とベランダが比較的近距離であれば、ホースを活用することによって給水作業を飛躍的に楽にすることができます。

ホースというと保管スペースを多く取られるんじゃないかと心配されるかもしれませんが、このタカギのホースなら大丈夫!超絶オススメアイテムです。

 

 

栽培中に気をつけること

ゴーヤは比較的育てるのが楽と言われる植物です。しかし油断しているとほとんど穫れないことも。これらの知識を知っておけば、葉っぱだけが茂りまくるといった寂しい状況を回避できるでしょう。

DSC00942

忘れちゃいけない人工授粉

ぼくも栽培当初知らなかった知識。ゴーヤ結実のためには受粉が欠かせないのですが、困ったことに都市部のベランダってほとんど受粉してくれる虫が来ないんですよ。タワーマンションとか無理ですよね(笑)

ウチは3階ですが、虫さん少なめだったので人工授粉に勤しみました。

 

害虫ヨトウムシの脅威

ゴーヤは害虫に強い植物ではありますが、ヨトウムシは油断してはなりません。初夏や秋口に活発になるのですが、初期段階で取り除かないと大変なことになります。

 

 

上級編

2015年は成功したベランダ水耕ですが、2016年は色々実験的試みをした結果、大失敗しました。液肥槽を発泡スチロールからプラスチックコンテナに変更したことで液温の変動が激しくなり、ゴーヤに過度なストレスを与えてしまったことが原因と推定してます。

アスピレーター解説

それ以外にチャレンジした内容を参考までに記載しておきます。

マイクロバブル

目に見えないくらいの微細な泡を水に溶け込ませると、植物の育成スピードが飛躍的にあがるという話をききつけて、マイクロバブル発生装置について考察・自作しました。

 

 

楽しいゴーヤ栽培の日々

栽培中刻々と変化するゴーヤの成長を見届けるのは非常に面白いです。その楽しさを表現した記事をいくつかご紹介します。

DSC02096

初収穫時の興奮

採れたてのゴーヤはこれほどまでにキラキラと輝いて美しいのかと感動した様子を綴っております。

 

高頻度ででてくる顔ゴーヤの記録

144個も収穫していると、調理時に顔のような切り口が大量出現してきます。その愛らしいfaceたちの記録。和むこと間違い無しです。

 

子供の情操教育にGOOD

ゴーヤ栽培はこどもの5感を育てます。ゴーヤで息子と戯れた様子です。

 

 

超絶ゴーヤの調理レシピ集

大量に獲れまくったゴーヤは食べなければなりません。しかしゴーヤチャンプルーしか調理方法知らないって方結構多いんじゃないでしょうか?

毎日ゴーヤチャンプルーだとさすがに飽きちゃいますよね。

DSC02931

そこでゴーヤ研は実際に様々な調理方法にチャレンジし、記録に残しました。

 

オススメの活用法

個人的には下記活用法がオススメです。

ゴーヤカレー

葉っぱも食べられる

ゴーヤ風呂で汗疹を予防

 

 

ゴーヤ知識の幅が広がる研究活動

ゴーヤをベランダで育てたことをきっかけに、ゴーヤの食文化や統計に興味を持ち、色々活動しました。

ゴーヤの統計情報

そもそもゴーヤってどれほど出荷されていて、どこで作られているんだろう?と農林水産省のデータをもとに分析した記事です。ゴーヤというと沖縄のイメージがありますが、九州以外の意外な県が上位にはいっていたりとなかなか興味深いトレンドを発見することができました。

 

ゴーヤの産地探訪

ゴーヤの産地に行けば、そこならではの面白い情報に巡り会えるだろうと考え行ってみたレポート記事です。現地ならではの食文化・白い巨大ゴーヤ農家・ゴーヤ加工品を飲食店と共同で製造など色々アクロバティックです(笑)

 

星型・ハート型のゴーヤ

ゴーヤの付加価値を向上できないかと考え、星型・ハート型ゴーヤの生産にチャレンジしてみました。2度ほど失敗した後なんとかできました(汗)

 

癌に効くゴーヤの英語論文

ゴーヤにはがん細胞を消滅させる効果があるという話を聞き、それホントかよ!?と出典元の英語論文をガチで読み込んだ記事です。

専門用語に苦労しながら数ヶ月を要して作成した解説記事です。是非ご一読ください。

 

 

まとめ

ゴーヤシーズンが本格化することをきっかけにまとめてみたのですが、まとめただけでも凄まじい量に。(約4,000字)

これ、ゴーヤでひと講演できそうだな・・・。

 

今後新たな情報が追加された場合は随時アップデート予定です。

まだまだゴーヤ栽培には間に合いますので、ご興味持たれた方、こどもの自由研究テーマ探しに悩まれてる方、是非いっしょにゴーヤライフを楽しみましょう◎

 

今日の一句

”負けないぜ 自ら燃やした ゴーヤ熱”

 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

4 件のコメント

  • こんにちは。ゴーヤの育てている向きについて質問です。
    私のゴーヤは西日避けて西向きで育てています。はっきり生育は不良です。
    私の地方でゴーヤが上手に厚いカーテンになっているのはすべて南向きのゴーヤ
    です。ミンチ研究員のゴーヤの向きはどちら向きに設置されているでしょうか?
    西向きのゴーヤさんたちにアドバイスいただきたいです。
    方角によってゴーヤの生育について検索してもヒットしないので
    未だ誰もコツは発表していないと思います。

    よろしくお願いします。

    • なるほど、方角についての考察非常に面白いですね。
      うちの場合は南向きですね!夏場はめちゃくちゃ暑いです。
      西向きですとお昼以降は日陰になってしまうということでしょうか。
      逆に西日を求めて東向きを攻めていくのはどうでしょう??

  • 数年前にゴーヤをベランダで育てました。収穫もほどほどにあったのですが、その後が大変!窓ガラス全面にゴーヤの植物油のようなものがつぶつぶにこびり付き、どんなことをやっても取れません。助けて!

    • そんなことがあるんですねー!

      ゴーヤは種にこそ油が含まれているんですが、表面にはつかない植物なんですよ。なんでついちゃったんですかね??
      熟して爆発したときに飛散したカス?

      詳細もう少し教えて頂ければ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です