ゴーヤの実が全然ならない!?人工授粉はベランダ農家の伝家の宝刀

DSC00947

いきなりですが問題です。

この写真の中にはゴーヤの実がいくつあるでしょう? 

正解は・・・

7個! 

 では、こたえあわせ

BlogPaint

わかりにくい箇所もあるので
裏からのショット

DSC00945

こんなわずかなスペースでも
多くの結実を実現できてるんですよ。

これを実現させているのが
ぼくの伝家の宝刀 人工授粉!

何年か前にもゴーヤを育てたことがあったんですけどね。

土やら鶏糞やら水やりやら
栄養分は過不足ないよう育てたつもりが
実が数個しかつかなかったわけなんです。

そして今年も水耕栽培をはじめたころ

DSC00500

雌花を発見したのに
しばらくしても実ができない・・・。

なんでだろう?って調べてみると

”虫がいない環境では受粉しにくい”

という結論。

アブらしき虫はたまに来るんですが
絶対量として不足していたのでしょう。

じゃあ虫を集めてきて放すのか!?(驚愕)

いえいえ自分が虫の役割を果たせばよいのです。
それが人工授粉。

ヒトの手で雄花の花粉を雌花につけてあげるわけです。

ではぼく流の人工授粉の手順をば

DSC00940

ちょっとかわいそうですが雄花を切り取ります。
真ん中が黄色いのが雄花です。

DSC00941

はなびらをオールバックにし
おしべを突き出させます。

DSC00939

 こちらが雌花。
真ん中が緑ですよね。

DSC00668

横から見ると膨らみがあるのがわかります。
これが将来のゴーヤの実になるわけです。

DSC00942

 先ほどのオールバックおしべを
雌花のめしべにちょんちょんとつけます。

ぼくは

花粉の量=種の数=実の大きさ

と考えているので
できるだけ多くの花粉がつくようにしています。

ただ雄花によって花粉の付き方や量が変わるので
少ないかなーと思ったら
もう1本おしべをつけたりしてます。

 

あとはめしべの突起に

むりやり噛み合わせる
なんて荒業を使うことも。DSC00943

 これなら付けきれなかった花粉もカバーできるでしょう。

ただめしべもそれほど頑丈ではないので
強い力で押しすぎると
ポキっと折れちゃうことも・・・・。
気をつけましょう。

また時間的には花粉がいい感じで成熟している
朝にやるのが良いそうです。(遅くとも10時まで)

そんなわけでぼくの最近の朝の日課は
人工授粉。

7/17から毎日の受粉数も記録を始めました。

人工授粉数

毎日4個前後は継続的に受粉できてます。

これで収穫予測ができるんじゃないかな?

こんなきめ細かい管理ができるのも
ベランダ農業の魅力。

畑だと暑さでやる気がなくなりそうですから・・・。

今日の一句

”成らぬなら 成らせてみよう 人工授粉”

 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です