【株主レビュー】アクオス ゼロ(AQUOS zero)はiPhone XSと比較して優秀。ディスプレイ外販の広告塔である。




どうも!2年前の経営危機時代からシャープ株 ガチホ中のカタオカ(@peterminced)です!

10/3(水)、ついに自社有機ELを採用した純国産OLEDスマホ、「AQUOS zero」が発表されました。

image

いやー正直国産有機ELスマホが発売されるのまだまだ先だと思ってましたよ。鴻海のスピード・有言実行力には目を見張るものがありますね。

今回はこの国産有機ELスマホ、「AQUOS zero (アクオスゼロ)」を、シャープの歴史や業績推移を知る株主目線でレビューします!

 

技術者大量流出からよく巻き返した

去年元シャープ社員の方と株主総会に行ったとき聞いたのですが、「有機EL事業にいた若い有望な技術者陣は経営危機時にみんな転職しちゃった」らしいんです。

また、2016年9月30日の日経新聞では、亀山工場に574億円を投じて有機ELの試作ラインをつくると発表していましたが、ライバルサムスンは8,000億円も投じており、全然足りないんじゃないかと心配していました。

そういった懸念点を乗り越えて、先行していたジャパンディスプレイ(JDI)よりも先に発売へこぎつけたスピードと実行力は、ひいき目の株主視点を差し引いても見事だと思います。

完成品メーカーであるという強み

なぜ先行していたジャパンディスプレイ(JDI)よりも先に有機ELスマホを発売できたのか?

私はシャープが完成品メーカーという特長を持ち合わせていたことが最大の要因と考えます。

image

ディスプレイ専業メーカーのジャパンディスプレイの場合、販売先の仕様に合わせたり、競合他社に対抗するための価格交渉といった折衷が発生します。

市場にすぐに出したくても、販売先の意向を汲まないと実行することができないのです。

一方シャープは、自社内で ディスプレイ製造はもちろん、スマートフォンまで生産し、市場に流通させる販売ネットワークを有しています。

つまり仕様調整や価格交渉といった煩雑な業務をすっ飛ばして、とりあえず市場に出すことができるのです。

 

例えば過去にシャープは「そろばん付き電卓」なる尖った商品を出しています。今感覚で見ると非常に滑稽ですが、でもユーザーが求めてるならとりあえず売ってみようというシャープの精神をこの製品は象徴しています。

アクオスゼロは外販を意識したモデルと見る

各メディアよりアクオスゼロはゲームユーザーを意識したハイエンド機種というレビューが多数出ていますか、株主視点から見ると異なって見えました。順にご説明します。

Appleへの高いパネル外販依存度

シャープは完成品メーカーだけではなく、ディスプレイパネルを他社に外販しています。特に最大顧客となっているのがアップル。

徐々に依存度は低下しているとはいえ、2017年度(2018年3月末決算)はなんと売上高の1/4をアップルが占めています。金額にして約5,800億円!

image

(出典:シャープ有価証券報告書より作成)

 

このルートを深耕できればさらなる売上増が期待できますが、立ちはだかるのがAppleの厳しい調達基準。

性能はもちろん、複数購買で調達コストを極力下げる手法はジャパンディスプレイ(JDI)の赤字拡大に寄与しています(泣)。

まずは自社製品で実績を出す作戦

ところがシャープ製スマホの存在感が増して来たらどうでしょう。アップルとしてはその有用な技術やノウハウを自社製品に取り入れたくなるに違いありません。

image

実際シャープの国内アンドロイドスマホにおけるシェアは2018年上期で25.9% とトップ。2020年には40%を狙っています。

image

(出典:BCNランキング

つまりAQUOS zero (アクオスゼロ)は、有機ELパネル外販を意識した実績づくりの製品という見方もできるのです。

iPhone XSと比較して優れている点

実際スペックを比較してみると、AQUOS zero (アクオスゼロ)はiPhone Xよりも性能面で優れています。

 AQUOS zero
(アクオスゼロ)
iPhone XSiPhone XS MAX
ROM128GB64 GB
256 GB
512 GB
64 GB
256 GB
512 GB
RAM6GB4GB4GB
ディスプレイ
材質
有機EL有機EL有機EL
画面解像度2,992
x
1,440
2,436
x
1,125
2,688
x
1,242
画面サイズ6.2インチ5.8インチ6.5インチ
背面カメラ23MP12MP12MP
前面カメラ8MP7MP7MP
高さ154mm143.6mm157.5mm
73mm70.9mm77.4mm
厚さ8.8mm7.7mm7.7mm
重量146g177g208g
バッテリ容量3,130mAh2,658mAh3,174mAh

最高級機 iPhone XS MAXと大きさほとんど変わらないにもかかわらず

  • RAM:1.5倍
  • 画面解像度:1.3倍
  • 背面カメラ解像度:1.9倍
  • 重量:30%(62g)も軽い!

と大きく凌駕しているのです。

特に特筆すべきは重量。

私は シャープのS3(ワイモバイル)を所持していますが、保護ガラスつけて重量は153g。

AQUOS zero (アクオスゼロ)は性能すごいのに、スタンダードモデルよりも軽いってどゆことっ!?

DSC00304

以上を踏まえてもAQUOS zero (アクオスゼロ)はかなり完成度の高い製品であることが伺えます。

カメラモジュールも外販している

余談ですが、シャープはディスプレイパネルだけでなく、カメラモジュール(部品)も販売しています。(IOTエレクトデバイスに該当)

image

(出典:シャープ 2018年3月決算 有価証券報告書 p99)

 

自社スマホでカメラの評判が高まるほど、カメラモジュールの外販も伸びるでしょう。

背面カメラは1つですが、解像度の高さはこの辺を意識しているようにも感じました。

Apple以外にも売れる

また外販先はアップルだけではありません。中国のハーウェイやシャオミといった新興スマホメーカーも選択肢に入ります。(シャオミはかつて取引していた)。

鴻海の大規模なネットワークがここで効いてくるに違いありません。

アクオスゼロに込められた想いを考える

そもそもシャープと液晶の歴史を振り返ると、電卓小型化のために研究開発を開始した1970年代までさかのぼります。

約50年もの歴史を紡いできたシャープのアイデンティティともいえる液晶をいったんリセットし、有機ELを採用して発表されたAQUOS zero (アクオスゼロ)。

ゼロという呼称には、電卓時代と同じようにゼロから新しいものを作っていこうというシャープの気概のようなものを感じました。

まとめ

株主視点&個人的推測でAQUOS zero (アクオスゼロ)をレビューしてみましたが、単純にガジェット単体としてみても魅力的なスマホと感じました。

こいつが起爆剤となって、業績拡大の追い風になることを祈ります!(最近株価下落気味なの涙)

 

10/12追記 AQUOS zero (アクオスゼロ)はソフトバンクより独占販売

AQUOS zero (アクオスゼロ)はソフトバンクの独占販売になるようです。3大キャリアから出ると想定していたので意外。

(出典:ソフトバンクHP)

  • 有機ELパネルの供給力が万全ではないから?
  • 初物好きなソフトバンクの差別化戦略?

色々推測してしまいますが、アクオスゼロを使いたい方は現状ソフトバンク一択のようです。

今日の一句

”iPhoneを 超える存在 アクオスゼロ”

ちなみにIGZO搭載のシャープsimフリースマホもでコスパ良く高評価です◎

 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です