【江田島市長選挙】候補者 胡子雅信氏の江田島への想いは3,140記事のブログに集約されている。

江田島市長選挙が11/13に実施される

11/13 広島県のある島で、市長選挙が実施されます。
実は今回立候補される胡子市議に以前大変お世話になったので、本ブログを通じて勝手に応援したいと思います。

o0596096013713189617

(出典:中国新聞)

胡子さんを知ったきっかけ

前職退職願を提出した後、実は広島県江田島市の地域おこし協力隊に応募していました。

  • 地元広島市に近い
  • 資源豊かでまだ手付かずの島で色々できそう
  • 定員割れした高校の活性化というドラマティックなテーマに関われる

というのが主な理由です。

 

情報収集にあたっては、年末に江田島を調査したり、東京ビックサイトで開催された移住・交流&地域おこしフェアで役場の方に色々話を聞いたのですが、もうちょっと現地の詳しい人に生々しい話を聞きたい!

しかし江田島に知り合い全然いねーし!

どうしたらええんじゃろ・・・・

 

と検索エンジンでいろいろ調べまくっていたら頻繁に出てきたのが、胡子さんの鬼神のごとく更新されていたブログでした。

image

 

 

胡子さんは筋金入りのブロガー

まずぼくがビビったのは、ブログの開始日。2004年の4月 およそ12年以上前から開始されています。

image

 

 

そしてその運営は現在も続いてます。てかほぼ毎日更新!!

image

 

 

一体何記事あるのか?

site:http://mebisu924.cocolog-nifty.com/etajima/

で調べた所、なんと3,140件!(2016/11/1現在)

 

ブログの持つ重みが違うぜ!

 

 

思い切ってメールでアポをとってみた。

これだけ詳細に江田島に関することを記事にされていたら、知らないことなんてないんじゃないか!?

と、思い切って公開されていたアドレスにメールをお送りし、3月に江田島で話を聞かせて頂きました。

 

議員さんにアポなんて取ったことなかったからばりドキドキでしたわ・・・・。

▲ドキドキしながらフェリーに乗船

 

で色々お話を聞かせて頂く中で感じた胡子さんの凄さを勝手に語りたいと思います。

 

①レスポンスがめちゃくちゃ速い!

まずビビったのがメールやSMSのレスポンスが鬼のように早いということ。

困った時やこんなことを知りたいと相談した際、

「じゃあこの人に話を聞いてみたら?話は通しておいたから」

的な感じで、胡子さんを通じて非常に多くの方を紹介して頂きました。
お陰で島の課題を立体的に捉えることが出来ました。

image

 

 

②行動範囲がハンパない!

活動範囲は広島県内にとどまらず、首都圏などで開催される各種勉強会にも足を運び、中央省庁の動きをキャッチアップされています。

市議というと地元や周辺地域に密着していて外にあまり出ないというイメージだったのですが、胡子さんのフットワークの軽さに驚きました。

スタートダッシュ

 

 

③勉強量がハンパない!

野々村議員に象徴されるように、市議会議員さんの不祥事ってけっこうニュースで耳にしていたので、ぶっちゃげ市議会議員って地元の人が片手間にやるってイメージだったのですが、胡子さんはそのイメージを一蹴してくれました。

ぼくは当時定員割れの危機にある高校の活性化というテーマに応募予定だったのですが、お会いした際に紙ファイルに綴じられた分厚い関係資料をドサッと頂き、議員さんってこんなに勉強してるんか!と舌を巻きました。

kamifile

(出典:アスクル

 

④ブログ継続力がハンパない!

先述のとおりですが、とにかくブログの継続力がハンパない。

ブログってはじめやすい分、すぐに辞めちゃう人も多いんです。ぼくも2年ほど運営してきたので分かります。

そんな中12年以上も江田島のことをひたすらブログで記録し続けたことは並大抵のことではありません。

胡子さんの江田島に対する思いはここに集約されていると思います。

image

 
なぜコレだけの長期間・高頻度で更新できたのかお聞きした所、
当時あった出来事に対して自分がどう感じたのかしっかり記録することで、後々振り返れるようにしたいとのこと。
にしてもスゴイ継続力だ・・・
 

 

まとめ

市長選については他の候補者の方を存じ上げないため、比較ができませんが

・都内民間企業(日本郵船)をご経験

・田舎と都市の複座的視点

・なにより若く新しいことにチャレンジできる(40代。当選すれば広島県で最若手)

・10年以上のブログ継続に象徴される江田島愛

DSC01111

胡子さんなら今まで違ったやり方で江田島を輝かせることが出来ると思います。

内定いただいた地域おこし協力隊は、残念ながら家庭の事情で辞退となりましたが、東京より応援のメッセージを送らせていただきます。

 

今日の一句

 

”ココログに 刻む江田島 への想い”

 

【参考】
同じく江田島を愛する男、まるじ氏のブログ 

江田島で私がやってみたかったこと 

 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です