【株主総会】三栄建築設計の社長に空き家問題について聞いてみた。

空き家のマーケティングを本格的に進めていこう

2017年初頭は空き家のマッチングシステムを作ったりと、空き家に注力していたのですが、下半期以降いろんなお仕事の引き合いが増え始めてなかなか空き家について考えることから遠ざかってしまっていました。

 

うーん、このままだとフェードアウトしてしまう!という危機感を感じ、本格的にマーケティング活動をしようと思いました。

 

上場企業の社長に直接聞いてみよう!

その手段として思いついたのが、趣味でよく行く株主総会。

上場している不動産会社の社長に、株主総会の場で直接空き家問題についての考え方を質問すれば、マーケットの全体イメージがつかめるんじゃなかろうかと!

 

ちゅうわけで不動産上場企業の決算期に合わせて株をちょこちょこ買い集めてみました。

 

本記事では総会で質問した様子をシリーズ化してレポします!

 

【3228】三栄建築設計の場合

2017-11-28 中野サンプラザで開催された株主総会に行ってみました。

 

 

棒読みの事業報告

開始前の会場の様子はこんな感じ。参加者はまばら。社員株主らしき方が何人かいます。

 

ちなみに事業報告は冊子の内容の棒読みでイマイチでした。。。

 

コンセプトは「同じ家は、つくらない」

三栄建築設計は「同じ家は、つくらない」という方針のもと住宅を生産販売する企業。

DSC07405

 

 

実際、三栄建築設計が手掛けた事例を見ると、1つ1つ家の意匠が異なっておりデザイン性が高いことが伺えます。

image

(出典:三栄建築設計HP

 

絶好調すぎる業績

気になる業績ですが、景気が良い外部環境も追い風になってなんと4年で売上高が2倍に!スゴー!

DSC07406

 

空き家問題に対する捉え方

そんな絶好調企業に、質疑応答コーナーで小池信三社長に聞いてみました。

 

Q:

わが社は業績いたって好調である。一方で現実問題として空き家が増えており社会問題化している。

景況が悪くなった際、家が売れなくなって気がついたら空き家だらけといった事態にならないか?

わが社の考え方を聞きたい。

 

A:

空き家が発生する要因は2つあると考えている。

(1)相続で引き継いだが早く売却したいものの売却条件が合わない

(2)思い入れのある家を手放すのがイヤ

 

(1)の人が増えることに関しては、わが社にとっては供給量が増えるのでチャンスである。

 

てな感じ。

(2)の方が圧倒的多数だから市場に出回らないと思うんだけどなぁ・・・

 

所感

三栄建築設計はけっこう楽観的だなーと思いました笑。

 

他の株主の方が、2020年のオリンピック以降景気が弱まる予測について質問されていましたが、

小池社長の回答は

「景気が悪化しても給与が大きく下がるわけではないし、人が家を買いたい気持ちは大きく減らない」

 

つまり空き家問題は住宅供給メーカーにとってあまり本腰を入れる話じゃないみたい。

 

他の不動産会社はどのように考えているんでしょうかね?

新たに総会に出席次第、追記して参ります。

つづく・・・

 

 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です