【群馬探訪①】都内から1時間でゴーヤ王国。館林インターすぐの直売所ぽんぽこは、もはや巨大スーパー。

待ちに待った関東ゴーヤの聖地巡礼

首都圏のスーパーを席巻する群馬産のゴーヤ。

その実態や現在実施中のゴーヤ×カレーキャンペーンを調査すべく

群馬県館林市に行く日がやってきた!

DSC02129

聖地巡礼に恥ずかしくないよう、服装はゴーヤカラーに統一。

パンツ・靴下まで緑で統一し気合を入れます。

 

DSC02130

都内某所よりレンタカーで1時間ちょっと。

館林に到着!

 

DSC02131

たぬきがお出迎え。

最近知ったのですが

館林は分福茶釜の地として知られているそうです。

あれっどんな話だったっけ??

 

DSC02137

そうこうしているうちに

第1目的地

JA邑楽館林 農産物直売所 ぽんぽこ

に到着。

 

この謎のインド人は誰??

ターバンをかぶった謎の人物、彼はインドからの留学生です。

今回カレーの調査ということで、専門家の彼に同行を依頼したのです。

カレーパフォーマー加藤2

 

 

ごめんなさい、嘘つきました。彼は日本人ですw 名前は加藤。

会社員の傍らカレーパフォーマーとしてその道を追究する

雑誌からも取材されるカレー専門家なのです。

カレーパフォーマー加藤

 

彼もブログを運営していますので

カレー好きの方は是非訪問を!

カレーパフォーマー加藤のスパイスカレー探訪記

東京名店巡り、美味しいレシピ紹介から、イベントまで!

 

直売所らしからぬ直売所、ぽんぽこ

さて話をぽんぽこに戻しますが

DSC02136

ご覧のとおり、建物が巨大かつ立派。

普段抱く直売所のイメージを見事に裏切られます。

 

DSC02138

気合の入った直筆の地産地消

意外と群馬産以外の商品もありましたがご愛嬌w

 

DSC02139

朝の9:30頃mの様子ですが、非常に活況を呈しています。

みんな朝早いのかしら。

 

 

魅力的な商品たち

DSC02140

ああ、美味そう。。。

東京ではこんな惣菜売ってないよ。

食べたいけど我慢我慢。

だって今日の胃袋はゴーヤのために空けとかなきゃだから。

 

 

DSC02142

カレーを発見!

しかしカレーパフォーマー加藤、これにはトキメかず。

理由はゴーヤが1枚だけ載ってるだけのカレーだったから。

 

カレーにゴーヤを載せるだけなら、素人でもできてしまうわけで

県外観光客としては、その土地ならではのものを期待している分

ちょっとガッカリ感が出てしまうんですね。

 

ゴーヤをこれでもかとふんだんに溶かしこんだカレーなら
食べてみたいかも。
よそ者が偉そうにスミマセン。
 

DSC02143

ゴーヤチャンプルーが惣菜パックとして販売。

けっこうボリューム感あります。
 

DSC02145

と、歩いていたらドジョウが!

めちゃくちゃ活きが良い!

うわぁ懐かしい。

 

学生時代、ドジョウ鍋をして余ったドジョウを引き取り

育てていたことがあるんですが、

ドジョウってなかなか愛くるしい顔をしているんですよ。

愛嬌あるドジョウの顔アップ

出典:GET the WAVE

 

癒されます。お手軽ペットとして最適です。

 

 

ついにゴーヤお目見え

ゴーヤはいつ出てくるんだろう?と広い店内を探しまわっていると・・・

 

DSC02149

賑やかなPOPが!

惹きつけられます。

 

DSC02148

生産者ごとに分けられています。

 

DSC02147

ゴーヤ3本(小)で76円だとっ!?

さすが本場の生産地、安い!

 

 

楽しい施設だが購入には至らず・・・

広い店内には群馬の様々な惣菜や野菜が並べられていたのですが

結局ここでは何も買わずじまいでした。

 

今回ゴーヤの変わり種を探していたのですが

案外フツーだったもので・・・。タイミングもあったのかな??

 

長くなりましたので、いったん今回の記事はここで区切ります。

調査は続きます。

 

 

今日の一句

”ぽんぽこぽん 分福茶釜と 直売所”

 

 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です