【EX-IC】エクスプレス予約は e特急券+乗車券 で途中下車できるか?実際に検証してみた。

新幹線 東京⇒広島 子持ち帰省はハードボイルド

どうも広島出身のミンチ研究員です。

今年のGWも東京から広島まで新幹線で帰省してきました。

時間にして約4時間弱

 

大人だけだったら 本を読んで、寝る で十分耐えられる時間なのですが

幼児同伴ですと、その旅程は一気に ハードボイルド化 します。

DSC07422

長時間車内にいることに飽き、グズりまくる息子1才9ヶ月。

ただいまイヤイヤ期真っ盛りです。

 

途中下車なら、楽しみながら帰省できる。

しかしモノは考えよう。東京ー広島間には、

tokaido_top

(出典:トレたび

 

  • 名古屋
  • 京都
  • 大阪
  • 新神戸
  • 姫路

など観光スポットが盛りだくさん。

 

つまり途中下車しながら帰省すれば、下記メリットを享受できるわけです。

  • 旅費と帰省費用を集約できる
  • 乗車時間分割により子どもが飽きない

 

 

エクスプレス予約で途中下車はできるのか?

駅の窓口に行かずとも、カンタンに予約できるエクスプレス予約。

しかし公式サイトのよくある質問をみると・・・

Q. 新幹線乗車後に、予約した区間の途中の駅で出場することはできますか?

 

A. EX-ICサービスやe特急券は、予約した区間の途中の駅で、出場することはできません。

やむを得ず途中の駅で出場される場合、EX-ICサービスやe特急券の下車駅から先の区間については、ご利用いただけませんのでご注意ください。

行程の途中で、改札口から出場される場合は、出場される駅で区切ってお買い求めください。

 

むむ??途中下車はできないとかいてあるけど、区切って買えばOKということ?けどフツーに区切って買うと高くなってしまう・・・

途中下車あり 途中下車なし
東京⇒名古屋 10,110 17,660
名古屋⇒広島 12,830 上記含む
22,940 17,660

 

差額 5,280円

 

 

e特急券で、”特急券” と ”乗車券” に分割してみる

そこで特急券と乗車券を分割して購入できる e特急券 で購入してみることに。

image

 

 

理由は、 乗車券は下記メリットを享受できるからです。

(出典:JRおでかけねっと きっぷのルール

 

①往復割引(1割引)が適用できる

往復割引乗車券

往復乗車券をご利用になる場合に、片道の営業キロが601キロメートル以上あれば、「ゆき」、「かえり」の運賃がそれぞれ1割引になります。

東京から広島までの片道営業キロ数は、894.2km より上記条件を余裕でクリアします。

結果、東京-広島間の乗車券料金料金は下記のようになります。

 

片道 往復
通常料金 11,660 23,320
往復割引適用 10,490 20,980
差額 1,170 2,340

 

往復で 2,340円 もお得になりました。

 

 

②途中下車何回でもOK(※100キロ以上)

「途中下車」とは、旅行途中(乗車券の区間内)の駅でいったん改札口の外に出ることをいいます。次の例外を除き、乗車券は、後戻りしない限り何回でも途中下車することができます。

下記のきっぷでは途中下車できません。

  • 片道の営業キロが 100キロメートル までの普通乗車券
  • 大都市近郊区間内のみをご利用の場合の普通乗車券
  • 回数券
  • 一部のトクトクきっぷ
  • 特急券、急行券、グリーン券、寝台券、指定席券、乗車整理券、ライナー券

これが意外と知られていないのですが、100kmを超えると、途中下車し放題になるんです。

 

例えば 東京-熱海間はYahoo路線情報によると 104.6km ですので、横浜や小田原で観光のために途中下車してもOKということになります。

 

 

 

 

③有効期間が長い!

ちなみに有効期間は営業キロ数が伸びるほど長くなります。

 

乗車券の有効期間

営業キロが100キロメートルまでの場合と大都市近郊区間内のみをご利用になる場合の乗車券は発売当日のみ有効ですが、101キロメートル以上の乗車券の有効期間は次のとおりです。

200キロメートルまで 2日
400キロメートルまで 3日
600キロメートルまで 4日
800キロメートルまで 5日
1000キロメートルまで 6日

1001キロメートル以上は200キロメートルごとに1日を加えます。

 

 

有効期間早わかり方程式
Aキロメートル割る÷200キロメートルプラス+1日イコール=有効期間(小数点以下切り上げ)

往復乗車券の有効期間は、片道乗車券の2倍です(博多から新下関間にかかわる往復乗車券の有効期間は、「ゆき」「かえり」それぞれの合計です)。

乗車中に有効期間を経過した場合は、途中下車をしない限り券面に表示された最終駅まで使用できます。

(出典:JRおでかけねっと きっぷのルール

 

東京-熱海間の例ですと、乗車券1枚で
横浜で遊んで泊まって、翌日熱海で疲れを癒やす。

 

なんてことが可能になっちゃうわけです。

 

 

ちなみに東京-広島間は片道 894.2km なので上記表より6日間。

往復乗車券だと2倍の 12日間!

 

今年の連休は多い人で10連休もあったようですが、全然余裕ですね。

 

 

 

 

途中下車でも合計 ¥18,990でイケル!

いままでの話を統合してまとめてみたのが下記画像。

image

 

合計18,990円。途中下車でも2万円を切るプライスになりました。

 

 

本当に途中下車できるのか検証してみた。

ただ、これはあくまでもルール上の話。実際やってみないと実感が持てないですよね。

というわけで、今回実際に検証してみた様子をお届けします。

 

ちなみに工程は、名古屋の リニア鉄道館 に立ち寄って帰省するパターンです。

 

 

①e特急券を分割して予約

image

エクスプレス予約では、e特急券のみを購入します。

購入区間は、

  • 東京-名古屋間:4,050円(いき)
  • 名古屋ー広島間:4,450円(いき)
  • 広島-東京間:6,000円(かえり)

で計3枚です。

 

 

②乗車当日、みどりの窓口で往復乗車券を購入する。

KIMG0520

東京駅のみどりの窓口で、往復乗車券を購入。

ちなみにエクスプレス予約で購入した e特急券も、ICカードとパスワード で窓口にて受け取ることができます。

 

 

ちなみに窓口で受け取ったものがコチラ。

発券
  • 東京→名古屋 特急券
  • 東京→広島 乗車券(いき)
  • 広島→東京 乗車券(かえり)

有効期間も12日間になってます。

枚数がそれぞれ2枚ずつあるのは、妻の分も合わせた2名分だからです。

 

③途中下車駅(名古屋駅)で2枚重ねて改札に入れる。

東京駅から2時間弱。途中下車駅の名古屋駅に到着。

  • 東京→名古屋 特急券
  • 東京→広島 乗車券(いき)

を2枚重ねて改札に通します。

DSC07365
さあどうなるか・・・・

 

 

ピンポーン!

DSC07366

という効果音とともに、東京→広島 乗車券(いき)のみが出てきました!良かったぁ~

 

 

④名古屋で遊ぶ

コインロッカーに荷物を預けて、あおなみ線に乗車。

DSC07373

電車に揺られること20分ちょっと。目的地のリニア鉄道館へ。

 

カッコイイ展示車両

DSC07389

 

 

新幹線に直接さわることができるんですよ。息子大興奮!

DSC07391

ヨカッタヨカッタ。

 

 

⑤途中下車駅にて、残区間のe特急券を発行。

名古屋を堪能した後は、駅の発券装置にEX-ICカードを差し込み、名古屋→広島の特急券を発券します。

DSC07418

 

 

先ほどと同じ要領で乗車券と2枚重ねにして改札を通ります。

DSC07419

 

 

⑥到着駅(広島駅)にて2枚挿入

名古屋から広島まで揺られること2時間ちょい。

広島駅改札に

  • 名古屋→広島 特急券
  • 東京→広島 乗車券(いき)

 

を2枚重ねて差し込んで出ます。

ちなみにこの時は乗車券も回収されます。(最終到着地なので)

 

 

【補足】広島→東京(かえり)

一応参考までに、東京に戻ったときの発券画像ものせておきます。

DSC07527

途中下車はしていないのでこの2枚だけです。

 

 

まとめ:e特急券+往復乗車券はお得

料金面でズラッと比較してみました。

 

通常予約 通常予約 IC早割 e特急券+乗車券
名古屋途中下車 直行 直行 名古屋途中下車
東京⇒広島 22,940 17,660 15,940 18,990

 

エクスプレス予約(通常予約)でそれぞれの区間を買うよりも
e特急券+乗車券に分けて購入したほうが 約4,000円も安くなります。

そして途中下車しない料金とくらべても、そこまで大きく変わらないというのが意外。

新幹線の長距離移動が多い方、e特急券による途中下車作戦オススメです。

 

今日の一句

”帰省路が 旅行に変わる 途中下車”

 

▼途中下車の駅を探す時にどうぞ!

 

▼途中下車後のレジャー探しは、県別に探しやすい遊び・体験予約じゃらんで!

 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

2 件のコメント

  • 尾道出身、東京在住のものです。
    いつもe特急券で福山まで新幹線、そこから在来線で尾道に向かってましたが、福山でお土産を買うのに途中下車をしてもいいよといつも改札の肩がおっしゃってくれるので、ずっと謎でした!!
    とてもわかりやすい説明でとても参考になりました!!
    来月、岡山に立ち寄ってから尾道に帰省する用事があるので、もれなくこの方法を使えるとわかって安心しました!広島までの新幹線の道のりは、しかも子連れだと超絶長いですよね(^_^;)ほんとに助かりました(^-^)b

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です