【お宝映像】 若き綾野剛が出演する下町ロケットをお得に鑑賞する方法




今話題の下町ロケット

半沢直樹と同じ原作者、TV局でより放映中の下町ロケット。
期待値通り面白いドラマに仕上がっています。
けれど、今回TV化される4年前に

WOWOW2011年に映像化されていたのは知っていましたか??

 

WOWOWのドラマは骨太さで定評

WOWOWがつくるオリジナルドラマ、”ドラマW”
民法放送局にない骨太さで定評があります。

ScreenShot_20151206155659

例えば同じ池井戸潤原作の 空飛ぶタイヤ

 

これは三菱自動車のリコール隠しで起こった横浜母子3人死傷事故
をモチーフに作られた作品なのですが、

民放で流すとなると、スポンサーの圧力で実現はほぼ不可能。
仮に放送できたとしても、表現にいちいち気を遣ったりしなけらばならないため
質が低下します。

 

しかしWOWOWは収入をスポンサーではなく
視聴者から集めていることもあり
思い切った表現・骨太なドラマをつくる事ができるのです。

 

ぼくが下町ロケットの原作を読んだのは2013年。
そこから池井戸潤にハマリ、調べていくうちに
WOWOW版の下町ロケットに出会いました。

すでにDVD化されていたので
近所のゲオでレンタルできましたよ。

 

WOWOW版の見どころ

個人的には現在放映中のTV版キャストとの違いが面白いと思っています。

主演の佃社長役はWOWOWドラマ常連で安定の三上博史
屈強そうな阿部寛とは違う、小さいけれど芯の強い佃社長を味わえます。

 

神谷弁護士は原作・TV版と違って、なんと女性の寺島しのぶ。
この微妙な解釈の違いを見つけるのが、見比べの面白いところです。

 

 

TV版では、ぼくの高校の先輩、吉川晃司が演じる財前部長ですが
WOWOW版は渡部篤郎。
両名とも美しい白髪ですね(笑)
帝国重工の壮大な雰囲気を醸し出しています。

 

でも一番の見どころは当時脇役扱いの綾野剛!

前述したとおり、このWOWOW版は2011年に放映されているんですけど
今ではコウノトリなど各ドラマにひっぱりだこの、あの有名俳優が
当時脇役として出演しているんですよ。

 

ScreenShot_20151206153432

そう、それが、綾野剛

意図的に不良品にロットナンバーを打刻して
帝国重工納入時に混乱を引き起こした、真野賢作 役として出演していたのです!

4年経過してここまで上り詰めるとは感慨深いです。
この初々しさが残る綾野剛を見るだけでも
WOWOW下町ロケットは見る価値があるとおもいます。

 

 

12/5、なんとAmazonプライムビデオに追加されとるがな!

ScreenShot_20151206163517

で、今日なんとなくAmazonプライムビデオを開いていたら
WOWOW版下町ロケットが、追加されとるがな!!

 

いやーこれはプライム会員としては嬉しい。
というか時流に合わせて迅速に追加したAmazonやるなー。

というわけで

  • 下町ロケットを違った切り口で味わいたい方
  • 綾野剛ファンの方

Amazonプライムなら無料でWOWOW版下町ロケットが見れますよ!

 

今日の一句

”綾野剛 駆け出し見れる WOWOW版”

 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です