【下見】荒川リバーサイドマラソンのコースを画像49枚で紹介する。

ざっくりとしたコースマップ

再来週の11/15(日)に迫った第24回荒川リバーサイドマラソン。
こちらが受付時に配布されたコースマップ。
DSC02743

なんかザックリ笑。

荒川区のHPにも詳細記載されていないので
不安な方もいらっしゃるのではと思い
コース下見に行ってきました。

 

はじまりはケーズデンキ

 

電車で来られる方は、日暮里舎人ライナーの足立小台駅が最寄駅です。

 

 

DSC04088

目の前はケーズデンキ。
この紅白の看板がめちゃくちゃ目立ちます。

 

 

DSC04089

河川敷を河口側へ数分歩きます。

 

 

 

おそらくここがスタート地点

DSC04092

2番目の一気に下れるスロープを下ると

 

DSC04093

こんな看板が出ていたので、おそらくこのあたりがスタート地点でしょう。

 

DSC02743_1

 

 

 

ついでに息子のトレーニング

DSC04101

ちょうどいいフェンスがあったので、途中つかまり立ちのトレーニングを実施。
保育園では一番ハイハイが速いらしいのですが
唯一歩けていないので、こうやって鍛えてます。

 

 

そのままコースを進みます

DSC04111

しばらくするとちょっとした坂が。気にするほどの傾斜ではないですよ。

 

 

DSC04112

左の河川側は野球場をやたら見かけます。
ラン途中に多くの草野球を見かけることでしょう。

 

 

 

DSC04114

野球場エリアを過ぎると、ススキエリアが出てきます。
景色の変化はあまりないです。。。

 

 

2キロコース折り返し地点

DSC02743_2

地図上では、1つめの橋の手前で折り返すようです。

 

DSC04123

このあたりかな??
左側は安定のススキ。

 

 

 

西新井橋を越えて出現する無機質建造物

DSC04124

橋の下は道が少し凹んでおり、ちょっとしたアップダウンがあります。

 

 

DSC04128

橋を超えると右手側に見える一見無機質な建造物。
倉庫かガレージかと思ったのですが

 

DSC04127
よく見ると、都営千住元町アパート。
人が住んでいるのか!

 

人の息遣い・生活感を感じさせないノスタルジックな外観は
ちょっと目をひきます。

 

 

DSC02743_3

橋を越えてしばらく走った所が3キロコース折り返し地点

 

 

DSC04129

たぶんここらへんですかねー。安定の野球場。

 

 

5キロコース折り返し地点はもう少し先

DSC04131

しばらく進んでもまた野球場。
どんだけ野球場あるんだっ!?

 

 

DSC04133

千住新橋

 

 

DSC04134

橋の手前には謎の壁画が・・・

 

 

DSC04135

橋をくぐって

 

 

DSC04136

また謎の壁画が!走行コースからは何なのかよくわからん!

 

DSC04148

学びピア21?調べてみると、足立区の生涯学習施設のようです。

4Fにある荒川ビジターセンターでは、11/15に
荒川のことを遊んで学べるワークショップが行われるようなので
マラソン後に立ち寄るのもいいかもしれません。

 

 

DSC02743_4

5キロコース折返し地点は橋を渡ってしばらくしたところ。

 

DSC04139

場所的にここらへんですかね。

 

 

鉄道ファンが喜びそうな橋

10キロコースの方はもう少し先まで進みます。

DSC04138

青と白の橋が2つ並んでいますが

 

 

DSC04140

手前側が千代田線やJRが通る橋

 

 

DSC04141

奥側が東武伊勢崎線の橋。

 

実際走行中も成田エクスプレスや在来線が通過しており
鉄道好きの方にとっては、いろんな電車を目撃できる
穴場スポットなのかもしれません。

 

DSC02743_5

10キロコースの第1折り返し地点は、この橋を越えたところらしいので

 

 

DSC04143

このあたりかな?

 

10キロコース第二折り返し地点まで爆走

 

DSC04144

息子をおろしていったん休憩したのち

 

 

DSC04155

先ほど来た道を逆側に爆走。
自転車の心地よい振動で眠りにつく息子。

 

 

DSC04153

左手側は気持ちよさそうな芝生ですが
現在養生中で立ち入り禁止とのこと。残念!

 

DSC04154

そして見えてくるケーズデンキの看板。遠くからでもよく目立つなぁ。

 

DSC04154

2~5キロコースの方はこの看板がゴールのつもりで
スパートをかけることになると思います。

いやはやすごい宣伝効果。

 

 

DSC04158

10キロコースの方はこのままケーズデンキ前を通過します

 

DSC04159

扇大橋を越えて

 

DSC04162

左側に見えるのは島忠。よくここで水耕栽培の備品買ってます。
1FはOKストアというスーパーで、品ぞろえの豊富さと安さがウリ。

AM10:00~なので、大会終了後に河川敷で打ち上げしたいときは
ここで買い出しするといいでしょう。

DSC04163

相変わらずのススキエリアと

DSC04165

野球場エリアを超えると

江北橋前の10キロコース第2折り返し地点

DSC02743_6

DSC04166

雰囲気的にこのあたり。

最後もケーズデンキの看板を目指す

DSC04167

折り返しは、ススキをより身近に感じられます。

DSC04169

このコースはススキ・野球場・橋の繰り返しですね(苦笑)

DSC04168

しかしまぁケーズデンキの看板の目立つこと!
島忠も負けじと頑張っていますが、ケーズはコース全体にわたって
存在感が高いですね。

DSC04172

ケーズデンキをめがけてラストスパート!

DSC04175

たぶんこのあたりがフィニッシュポイントと思われます。

コースまとめ

ぐだぐだと書いてきましたが、下見してきた感想をまとめると下記のとおり。

  1. コースは総じてフラット。
  2. 景色に大きく変化はない。ススキと草野球と橋を楽しむべし。
  3. 道幅は十分。
  4. ケーズデンキ看板閲覧時間が長い。

ケーズデンキへの提案

DSC04158

あと個人的にケーズデンキは、このマラソンをプロモーションの機会として
大いに活用すべきと思います。

  • 電車降りた直後
  • スタート地点
  • 2~5キロコースのゴール目印
  • 10キロコースの通過点&ゴール目印

これほど長時間ケーズデンキの看板と接触することって
ないと思うんですよね。

たとえば荒川リバーサイドマラソンのゼッケンをつけた人に
・購入金額から5%さらに割り引くとか、
・来店時にスポーツ飲料を贈呈するなどして集客する

などしてプロモーションすれば、大きな売り上げ増になると思います。

なんせ2,600人ものランナーが参加するわけですから!

島忠・OKストアもコラボすべき!

DSC04171

また会場付近にはコンビニもなく、飲料や食料を現地で確保しずらいんですよ。
そういった需要はかならずあるので、この日だけ早朝営業をしたら
けっこうな額が売りあがるんじゃないかなぁ。

500人が平均1,000円の買い物をすると50万円の売り上げですからね。どうでしょ。

というわけで、コースマップたよりに下見をしてきました。
間違ってたらゴメンナサイ。
では大会当日にむけて頑張りましょう!

今日の一句

”紅白の 看板めがけて 走り抜け”

 

11/10 上位入賞するためのタイムを分析!

  

 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です