【デモ公開】江田島空き家マッチングシステムの使い方 #フィードバックお願いします!

江田島空き家マッチングシステムのデモ版を公開します。

 

現在通っているプログラミングスクールで最優秀賞を頂いた江田島の空き家マッチングシステム。

 

▼プレゼンの内容はコチラ

【振り返りレポ】江田島空き家マッチングシステムをDEMODAYで発表してきた。

2017.01.30

 

▼開発思想はコチラ

 

肝心の本サイト、公開環境での準備が整いましたのでUPいたします!

江田島空き家クエスト

 

また、使い方のポイントや注意点をまとめておきましたので

予めお伝えしておきます。

 

江田島空き家クエストの名前の由来

空き家を厄介なものではなく、前向きな資源としてイメージできるようなコンセプトを考えていました。

 

そして実際に江田島で空き家を見て回った時、視点を変えれば、この見放されてしまっている空き家はハマる人にとっては宝の山に見えるんじゃないかなと感じたんです。

空き家探しとは、宝の山を探しに行く冒険。

そんなワクワク感を演出したいと思い、”クエスト” という名前を盛り込みました。

 

そう、ドラゴンクエストをプレイするように。

main_visual

(出典:スクエアエニックス

 

 

ユーザー側で使える機能

江田島の空き家を探すユーザーサイドで使える機能を解説します。

 

①空き家物件の閲覧

ログインせずとも基本的な物件情報は閲覧することが出来ます。

ただ、詳細の画像やスペック情報は、ユーザー登録をしないと閲覧できません。

image

▲詳細を見ようとすると、ユーザー登録画面にジャンプする

 

他にも

  • お気に入り機能
  • メッセージ問い合わせ機能

はログインユーザーに限定されるため、是非登録しましょう!

 

②facebookログイン機能

ユーザー登録ってちょっと面倒ですよね。

そこでfacebookログイン機能も実装しました。

image

これでボタンひとつでログインすることが出来ます。ラクチンぽん!

 

 

③プロフィール登録機能

ユーザーはプロフィールを登録することが出来ます。

項目をきちんと埋めることによって、管理者(自治体)から非公開物件の紹介やスカウトがされやすくなるメリットがあります。

やはり人となり・素性が分かった方が自治体も、家主も安心ですからね!

image

 

 

④お気に入り機能

ログインユーザーは、気になる物件はお気に入りとしてストックし、あとでまとめて閲覧することができます。

また、他のユーザーのストック状況も分かるので、人気が高い空き家はいち早くアプローチしましょう。

image

 

⑤メッセージ・お問い合わせ機能

もし物件について疑問点や内覧を希望したい場合は、下記ボタンを押してみましょう。

image

 

 

すると、事務局にメッセージを送ることが出来ます。

不明な点はどんどん聞いてみましょう。

image

また、プロフィールをキチンと登録していたほうが、より精度の高い回答を得られます!

 

 

ためしに何か送っていただくと、開発チームから返信があるかも!?

是非遊んでみて下さい。

 

 

 

管理者側で使える機能

次は管理者側で使える機能を紹介します。今回の管理者は自治体(江田島市)を想定しています。

家主さんはご高齢の方が多くPC作業が難しいため、管理運営は自治体が代行したほうがスムーズであると考えたからです。

 

なお管理者側の機能は今回のデモでは公開していません。(他のユーザー情報が閲覧できるとまずいので)

開発者だけが閲覧可能です。

 

①ユーザー照会機能

管理者(自治体)は、現在どんな人がユーザー登録してくれているのか閲覧することが出来ます。

 

登録されたプロフィールだけでなく、お気に入りしている物件の一覧も表示されるため、問い合わせが来た場合

精度の高い回答が可能となります。

image

 

 

②スカウト機能

また自治体側がぜひ来て欲しいと思ったユーザーには、スカウトをかけることが出来ます。

熱いメッセージを受け取るためにもユーザーの方は是非ともプロフィールを充実させましょう(しつこい笑)

image

 

 

これから追加していきたい機能

まだまだ作り込み現地調査・実証実験が必要と感じていますが、こんな機能実装したいというものを羅列してきます。

 

物件閲覧レベルの設定

信頼できそうなユーザーに対しては、管理者が閲覧レベルを上げて、非公開物件を閲覧できるようにする機能。

テーブルカラムは作ってあるのですが、実はまだ機能としては未実装。

閲覧レベルの段階数や定義をキチンと決めていくのが課題です。

 

 

デザイン・UIの改善

もうちょっと使いやすいデザインにしたいなというのが正直な所。スマホ画面とか・・・。

あとCSSが思い通りに効いてくれなくて、四苦八苦してます(汗)

 

 

決済機能

マネタイズは現在検討中ですが、家主さんから頂くことになった場合、空き家の管理と抱き合わせで出来ないかなーなんて考えてます。

そうなると必要となるのが決済機能。

月額料金の入金状況がキチンとモニタリングできればいいなと思ってます。(超むずそう)

 

 

物件情報登録編集機能

空き家のデータは予め作っておいたものをseedデータで流し込んでいます。

現状管理者で編集はできないことはないんですが、けっこう大変。

ワードプレスの記事投稿みたいなUIが理想です。

 

 

上記以外でなんかよさげなアイディアがありましたら、デモサイトTOPにも設置しておりますフィードバックフォームより頂けると幸いです。

 

 

使用上の注意点

デモサイトを利用される上で予めご了承頂きたい注意点です。

 

①物件情報はフィクションです

掲載の物件情報は、江田島市の空き家バンクに掲載されていたものをベースとして作っておりますが、記事内容はぼくの想像力に基づいたフィクションです。

イメージを抱きやすくするために作ったものであることを予めご理解下さい。

image

 

 

②仕様は予告なくUPDATEします。

フィードバック頂いた内容は随時反映させていく予定です。(活動資金が続く限り・・・)

その際事前予告はありませんのでご理解下さい。

 

またアップデート内容については可能であれば記録に残して掲示しようと考えています。

 

 

③ユーザー登録情報は、開発者が閲覧できます。

登録していただいた情報は、私達開発チームだけが閲覧することができます。

もし気になさる場合は、架空のメールアドレスや情報を入力下さい。

 

 

④登録情報は予告なくリセットされることがあります。

機能を追加する場合、一度データベースをリセットする必要に迫られる場合があります。

そうなると入力していただいた情報もリセットされてしまいます。

迅速な開発のためお手数ですがご理解頂ければと思います。

 

 

⑤フィードバックお願いします!

完成度を高めるため、ナイスアイディア・不足点などあれば設置フォームよりフィードバック頂ければ幸いです!

 

 

まとめ

以上長くなってしまいましたが、使用のポイントと注意点を記載しました。

ご興味ある方は、是非下記リンクよりアクセスしてみて下さい。

https://akiya-etajima.herokuapp.com/

江田島空き家クエスト

 

今日の一句

”ログインで 日本の空き家 救います”

▼空き家クエストはここに通って2人で開発しました

 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です