【つまらない苦行】ディズニーランドを心の底から楽しめないのは何故か?

ニートだけど、ディズニーシーに行ってきた

週末は、7月が息子の誕生月ということもあり、ディズニーシーに連行されました。
お金使いたくないし、あらかわ遊園の方が落ち着くんだけど・・・。

荒川区の誇る最強の遊園地 あらかわ遊園

と駄々をこねるも、妻に強引に押し切られ行くハメに。
ちなみに人生初のディズニーシーでした。(ランドは2回)

 

楽しいは楽しいんだけど・・・なんか楽しくない!

インディージョーンズ・ タワーオブテラーなど主要なアトラクションを体験しました。

インディ

▲インディージョーンズ

ご覧のとおり楽しんでるんですが、

いやはや 何か物足りない というか 空虚感 が残ってしまうんですよね。

この感覚の正体は何なんだろう?

 

ディズニーを心の底から楽しめない理由

他の大勢のお客さんは興奮しているのに、なんでぼくは冷めちゃってるのか?
夕方のショーを見ながら考えてみました。

ショー待ち

理由1: 人が多すぎる

この日は週末ということもあってものすごい人出。

列

入園するにも、ジュースを買うにも、飯を食うにも、アトラクションに乗るにも人が多すぎて、待つだけで疲れちゃう。

あらゆる要素が行列待ちなんて苦行ですわ。。。

 

理由2: 価格が高い

入園料が 7,400円。
駐車場代が3,000円。

ニートには辛すぎるぜ

以上。

 

理由3: 完成されすぎている

ディズニーシーのアトラクションや造形物はどれも完成度が高いんです。
タワーオブテラーなんて、わずか2分弱上下動するアトラクションのために、こんな凝った造形物を作ってますからね。

タワー オブ テラー

 

本物と見間違うくらいのリアルな火山。

山

マジ本気度が違う。すげぇわディズニー。

これなら高い価格もある意味納得なのですが、

逆にあまりにも完成されているためツマラナイ。
流れてくる料理をパクパク食べるだけ。
この受け身な姿勢がなんかモヤモヤするんですよね。

 

ひねくれてるんですかねー。

 

本当の楽しさは、未完成の中にあると思う。

ぼくの感覚としては、本当の楽しさって

未完成のものの中に入って、カタチ作っていく過程の中

にこそあると思うんです。

なにかしら自分の介入できる余地があると、面白くなると思うんですよね。

 

結論:関ヶ原ウォーランドに行きたい

というわけで、ぼくが今ものすごく気になっているのは
関ヶ原ウォーランド

NewImage NewImage NewImage

なんなんでしょうね、この未完成感

すげぇワクワクしません?

えっぼくだけ?

 

次はディズニーじゃなくて、

こういったB級テーマパークにいってみたいと思った、ひねくれ者の戯言でした。

 

 

今日の一句
  
“ネズミより ワクワクするよ ウォーランド”
▼都内でディズニーの代わりをお探しの方はこちら

 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です