【第3回】 まだ防災マップ見てないの?災害時の危機管理をあらかわパパスクールで考える。 棒田明子先生

毎週土曜日はあらかわパパスクール

今回で第3回目のあらかわパパスクール。
毎回あらたな学びが得られるのでちょっと楽しみだったりします。

外出する良いきっかけにもなりますしね。

 

第3回は危機管理入門!

東日本大震災が起こった、2011年3月11日の15:00前
当時愛知県に勤務していたぼくは、大きな揺れを感じたものの
とくに大きな混乱はありませんでした。

 

また、地元の広島も、元々地震が少ない地域というのもあって
災害に対してはわりとノホホンと構えている方です。

石巻や、最近水害のあった常総市
ボランティア活動に行き、現地状況をみてきたことはありますが
自分の住んでいる地域で起こった時どうするか?
イマイチ想像力が働きません。

 

ScreenShot_20151128223908

今回のあらかわパパスクールは
そんなのんきな父親にとって非常に耳の痛いプログラムです(苦笑)

 

 

避難所は乳幼児にとって居づらい場所である。

よくテレビで出てくる避難所のシーン。
被災者が力を合わせて頑張っている。そんなイメージがありますが

よく泣く乳幼児を抱える母親にとって
避難所はまわりに気を遣うとても居づらい場所。

数日経つと耐えられなくなって
避難所を出てしまうそうです。

 

また、ニュースなど表には出てきていないですが

女性1人でトイレ行き襲われる 事件が多発しており

気をつけるあまり、4日に1回しかトイレに行かないようになった方もいたそうです。

 

 

パパは災害時になにができるのか?

DSC05115

じゃあパパ陣は災害時に何ができるのか?となったとき

東日本大震災の起こった時間帯を考えると
自営業でもない限り、自宅から離れた場所にいることがほとんどなんですね。

災害後も、復旧作業に駆り出されるため
家族につきっきりというシーンはほとんどないということが
判明してしまいました。

 

 

有事の際に頼りにできるのは?

DSC05116

子どもの安全を考えた時、頼りになるのは誰か?

と考えると、
子供の友達の親御さん、近所の方や学校・保育園の先生
と家族だけじゃないことに気付かされます。

ただ、これは1日ですぐ作れるものではなく
毎日の積み重ねの中で生まれてきます。

 

 

防災マップ(地図)を見たことありますか??

DSC05114

いや、お恥ずかしながら見たことないんです。。。

てことで改めてみんなで見てみてみると
知らなかった事実が色々と。

例えば、避難所は多いのですが、
飲料水を給水できる場所が限られている等・・・。

自分の無知ぶりを痛感してしまいました。

 

自分の特技や好きなことは、有事の際にどんな形で役立つのか?

あと面白かったのが、自分たちの特技や好きなことを活用して
災害時に役立つ事業を考えるワーク。

(出典:ヤギコーチ

同じグループになったメンバーの得意・特技をリストアップすると

・物事の掃除・片付け
・料理

・絵を描くこと
・走ること
・PC関連の知識
・ゴーヤをベランダで高収量栽培できること。(・・・ぼくのことですw)

 

これらを組み合わせると

・退屈な避難所食生活を楽しくするレシピの考案&発信
・水や物資の宅配サービス
・避難所物資の整理整頓・効率的な管理

などいろんなことができるなぁと。

 

ここでのポイントは
好きなことを活かすということ。

ストレスの溜まる避難所生活では
嫌なこと・苦手なことをするのは余計にしんどいからです。

 

 

まとめ

いろいろ書いちゃいましたけど、
事前の想定で災害時の対応が全然変わるということ。

ちょっと家族で、有事の際の集合場所だけでも
決めておこうと思いました。

 

 

今日の一句

 

”日常の 心構えが 大事です”

 

Twitter でベランダゴーヤ研究所をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です