ブログのオフ会を初めてやったけど、たった4人しか集まらなかった。しかし中○○が来た。

1月下旬、オフ会を仮告知する。

先日の記事紹介していた投資ブログ

そこで研究していた銘柄が2/25をもって上場廃止になるにあたり、お別れの会(オフ会)をしようと告知しました。

snapcrab_noname_2016-12-26_14-23-25_no-00

おおっ意外と高反応!人数にして16名が参加希望!

 

2/27(土)は他に行きたいイベントが出てきた。

しかし、後日下記 ローカル・イノベーターズ・フォーラム という面白そうなイベントをローカルベンチャースクールで案内されて迷う。。。

TT_banner_160113

 

うーんしかしオフ会も仮とはいえ告知してしまったしなぁ。。。

 

はたしてどうしたものか・・・

 

 

いつまでも受け身ではアカン!

ただ、ローカルベンチャースクール全7回の講義に出てみて
いつまでも受け身のままじゃアカンなと思い始めていたんですね。

 

・小さなことでもいいから、なにか自分で起こしてやってみるということを自分はやるべきじゃないのか?

・いつまでもお膳立てされたプログラムに乗っかっていても何も進まない。

・アウトプットしてこそ身につくものがある

 

ということで、ローカル・イノベーターズ・フォーラムは諦めて
オフ会開催に集中することに。

 

会場を予約して料金を支払うものの・・・

慌てて早速15人位入れる会場をさがして予約&支払い。

マグノリアのカエルとは、東京・四谷「路面店頭型」レンタルスペース 丸ノ内線・四谷三丁目から徒歩3分。都心部からアクセス抜群の好立地。

 

1週間前にブログで告知し、フォームも用意。

 

しかしフタをあけてみると参加者は、ぼくも入れてわずか4人!

 

オイオイっ!あとの12人どこいった!?

 

 

結果的に少人数で良かった。

いやいや延期にして、ローカルイノベーターズフォーラム にでも行こうかと迷いましたが

元従業員・お客さん・株主 といい感じで属性がバラけたので断行することに。

dsc06313

けれど結果的には、この少人数制が良かった。

互いの持っている濃い情報を交換することで、深く話し込むことができ

14:00~19:00という時間があっという間に過ぎてしまいました。

 

思うに、従業員・顧客・株主 がざっくばらんに話すオフ会って史上はじめてなんじゃないか?

 

dsc06315s

ちなみに参加者の年代は


ぼく(株主)・・・30代 都内

元従業員さん・・・30代 埼玉

お客さん・・・中学3年生! 茨城

お客さんの母・・・30代 茨城


現役中学生 を巻き込めているというのが、実に面白いw

そしてこの中学生がなかなか面白いんですねー。じわじわきますw

 

 

オフ会に要した費用と収支

今回のオフ会開催にあたり要した費用は下記の通り。

 

【費用】

会場代10,800円

飲食代:2,000円

Total⇒12,800円

 

 

【会費収入】

参加費:1人2500円(学生1500円)

Total⇒9,000円(自分も含む)

 

 

【収支】

9,000円 – 12,800円 = ▲3,800円

 

人数が少なかったので、持ち出しが大きくなってしまったけども

まぁダメージは少なくてすみました。安い会場で良かったぜ・・・。

 

 

 

まとめ

はじめてオフ会というものをやってみたんですけど、終わってみてなんだかんだ面白かったです。

0を1にした快感。この小さな成功体験をどんどん増やしていこう。

 

次回に向けたポイントを備忘でまとめておきます。

 

①少人数制のほうが濃い議論ができる

②会場費はできるだけ安くし、損益分岐点を下げる

③告知は余裕を持って行ったほうが良い

④前回の様子を写真で伝えられると人数増が期待できる。(初回はむずかしいけど)

 

 

▼参考記事2/27(土)雑貨屋ブルドッグお別れの会はこじんまりだけどもディープだった。

今日の一句

 

”少人数 のほうが楽しい オフ会や”

dsc06317_thumb

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です