まるでターボエンジン。我が家の DIYハイポニカ水耕栽培装置を解説します。

着実に収穫数を積み上げている、我が研究所ですが
順調にこのまま行けそうなので

栽培装置の概要について公開します。

 

栽培方法は水耕栽培

我が研究所では土を使わない水耕栽培を行っています。

液肥はハイポニカ

水耕栽培を支える液肥は協和のハイポニカです。

 

これを500倍に希釈して使っています。

(水500mlあたりハイポニカ1ml)

 

ハイポニカを選定した理由は下記3点
  • 1株で13000個以上トマト収穫した実績
  • 使いやすく失敗が少ない
  • ネット上に活用事例が多数
特に元協和社員の方が運営されているごきげん野菜のQ&Aは非常に参考になりました。

ハイポニカの勘所 酸素と水流

ハイポニカを使うようになって知ったのは,根にも酸素が必要だということ。
植物の呼吸は葉で行っていると昔習ったので根は盲点でした。
ヒヤシンスの水耕栽培は水に浸かりっぱなしのイメージでしたから・・・。
cee58179a291c12c5307da000759e585
続いて水の流れ
この図を見てください。
流れがあるのとないのとを比較した図ですが
根の吸収比較
  • 流れなし→養分を吸収した後、根の周りに養分がこない。
  • 流れあり→養分吸収後も、水流にのって新たな養分が根付近に近づく。
という違いが発生するわけです。
これが成長にどのくらい影響をおよぼすのか比較実験をした記事がごきげん野菜さんの方でUPされていますのでぜひご一読を。
 ハイポニカvsぶくぶくvs底面潅水 栽培比較

DIY 自作栽培装置

酸素と水流
この2点を押さえた水耕装置は協和さんより発売されています。
が、1万円~3万円となかなかのお値段。
ちょっと躊躇してしまう額です。

ハイポニカ製品一覧

そこでDIY!
概要としては下記図の通り。
装置概要
アクアリウム用のエアーポンプで空気を送り込み

 

かつ水中ポンプで水流を作り出すというシンプルな構造。

※西日本の方は60Hzタイプを選択下さい。

屋外電源が必要ですが、エアコンの配管穴を活用することで
解決できます。

参考記事:1畳未満!我が家のベランダスペックをご紹介

空気を自然混入ではなく、機械的に混入している様は
過給器をとりつけたターボエンジンのようです。
06a1
費用的にも3,000円前後で済みます。

▼液肥槽の素材・大きさ

発泡スチロール製の箱に100均で売ってあるアルミシートを貼り付けています。
  • 大きさ:幅41cm×奥行30cm×高さ22cm(外寸)
  • 容量:約18リットル。
今思うと、もう少し大きくても良かったかなと思います。
また箱を選ぶ際の注意点は、傷が少なく穴が開いていないものを選ぶことです。
ぼくは当初アメ横で捨てられていた発泡スチロール箱を
ガムテープで一部補修して使っていたのですが
DSC00526
ある日ガムテープが溶け始め、液肥がほとんど流れだしてまいました。
あわてて近所のスーパーで頭を下げて、状態の良い発泡スチロール箱を入手。
枯らさずに済んだのですが、すでに育っている株の液肥槽を入れ替えるのは植物にとっても育て主にとっても負担の大きいことなので、はじめから漏れるリスクのないきれいな箱を選んでおくことをオススメします。
以上ですが
参考になりましたでしょうか??
夏場の水切れを防ぐ自動給水装置などの付属品はまた後日UPしたいと思いますのでお楽しみに。
今日の一句

”我が家のね ゴーヤはターボが 効いてるよ”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です