2015年 大量に採れた144個のゴーヤはどこへ行ったのか?

2015年も気がつけばあと少し。
今年はゴーヤが実によく育ったなぁ。記憶のほとんどがゴーヤだった気がするミンチ研究員です。

ということで来年に突入する前に
今年のゴーヤ収獲についてどうだったのかを、出荷先(譲渡先)の切り口で
振り返ってみたいと思います。

 

144個のゴーヤの行き先内訳

2015ベランダゴーヤの出荷先

特に何かに役立つというわけではないのですが
収穫したゴーヤを誰に譲渡したのかも記録していました(笑)
データで見ると面白いかなと思って。

 

 

詳細データはこちら

個数 重量(g)
自家消費 92 14,614
会社のおばちゃんA 22 4,055
妻の実家 15 2,859
会社の先輩 6 1,382
いとこ 3 383
会社のおじさん 1 172
会社のおばちゃんB 1 76
妻の妹 1 140
妻の友人 1 100
友人A 1 220
友人B 1 239
総計 144 24,239

 

①やはり1番多いのは自家消費の92個

実に全体の6割以上が自家消費でした。
重量にして14.6kg!

そんなに食べたっけ!?実際に数字にしてみてビックリしましたよ。

 

 

 

②会社のおばちゃんが重要顧客化

次に多かったのが会社のおばちゃん。
ミンチ研究員さんのゴーヤは柔らかくて美味しい!

と高評価でリピーターに。
しまいには1個50~100円で買い取ってくれるようになり

結局1,200円 も売り上げてしまいました。

 


これ、リピーターを増やしたら副業できますな。

 

 

③近所の妻の実家が3位

妻の実家が歩いてすぐそこにあるのですが、せっせとゴーヤをおすそ分けしていたら
15個2.8kg もおすそ分けしていました。

 

・今までゴーヤなんて買ったことなかった
・ゴーヤをこれほど食べた年はない

と妻の実家の食文化に大きなインパクトを与えたようです。

 

 

④物々交換が実現した会社の先輩

会社の先輩もゴーヤ好きでちょこちょこおすそ分けしたら
お返しに桃(6個)韓国のりを頂いちゃいました。

まさにゴーヤわらしべ。うまくいけば家まで建つんじゃないかと思いましたよ(笑)
譲渡数は6個と意外とそこまで多くはなかったんですけど

桃や韓国のりがゲットできたことを考えれば、
ものすごいリターンが良い譲渡先でした。

 

 

ゴーヤはコミュニケーション活性化として有効

特に戦略的におすそ分けをしていたわけではないのですが
ゴーヤを通してコミュニケーションがものすごく活性化。

 

そして売上&桃ゲット。

 

ゴーヤといえば・・・○○さん
セルフブランディングができてしまいましたよ。
(ブランドなのかは置いといて)

 

なのでコミュニケーション能力に悩む方は、
ひとまずゴーヤを育ててみてはどうかなと思います(笑)

 

けど、レシピ開発が重要

とはいってもやはり自家消費が6割以上。

毎日ゴーヤチャンプルーだと飽きちゃうので
来年大量のゴーヤをうまくさばくためには
今以上にレシピ開発に注力する必要があると感じました。

また活用用途が増えれば
おすそ分け先も増えてくると思います。

 

 

今日の一句

 

”おすそわけ ゴーヤがもたらす セーフティーネット”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です