ブログ相談サービスはじめました

【ほんまかいな】ゴーヤにきな粉をかけると本当に苦味が消えるのか試してみた。

味博士より興味深いツイートが

今年の夏、ツイッターでゴーヤを検索していると、ある興味深いツイートが。

 

ゴーヤにきな粉を混ぜると苦味が消えるだと!
ほんまかいな!?

ホスファチジン酸って聞いたことないよ!

 

と驚いたのですが、ちょっと試してみたいという衝動に駆られました。

 

しかし我が家にはきな粉がないため、すぐに試すことはできず、ゴーヤシーズンを終えてしまったのですが

先日市ヶ谷でゴーヤを購入したこともあり、きなこも入手して試してみることにしました。

 

 

ゴーヤジュースで試す

というわけで早速実験!

DSC04280

中途半端に残ったゴーヤをジュースにして検証してみます。

 

苦味をより感じるため中のワタは抜く

DSC04282

ふだんはワタごと食べるぼくですが、苦味をダイレクトに感じられるよう今回は抜きました。

 

 

DSC04284

余計な味が入らないよう、今回は水だけでミキシング。

 

 

DSC04286

なんか緑のビールのようになりました。
味はやっぱり苦いです。ゴーヤを食べ慣れたぼくにとってはイケそうな味でしたが、苦いの苦手な妻の評価はやはり苦い!でした。

きな粉を投入

DSC04287

先ほど作ったゴーヤジュースにきな粉を投入します。全部入れるときな粉の味になってしまうので程々に。

DSC04290

ミキシングしたものがコチラ。
味は・・・たしかに苦味は和らいだけど、飲みにくい。きな粉を入れすぎてしまったか??

一方妻に飲ませてみると・・・

苦くないけど、マズイ!

さすが江戸っ子。歯に衣を着せない評価(汗)

しかしこれでは味博士へのメンツが立たぬ!どうすればいいんじゃー!

混ぜるのではなく、付けてみる

あらためて、味博士のツイートを見てみると、きな粉をかけると書いてある。

そうか、先走って混ぜてしまったのがいけなかったのか。ハヤトチリしてしまったぜぃ。

DSC04291

ということで薄切りししたゴーヤ同士で比較してみる。

が、きな粉側はつけすぎてしまったことで、ほとんどきな粉の味しかしない!
これじゃあ検証したことにならない。

DSC04292

そこで、クラッカーでクリームーチーズを救うがごとく、ほんのちょっと軽くつける感じで食べてみると・・・

おぉ確かにゴーヤの苦味を感じないゾ!

しゃらくさいので豪快に付けてみる

DSC04293

もっと豪快に検証してみようと思い、イモ判を押すがごとく、ゴーヤをきな粉に押し付ける!
no title
なんか顔っぽくなったゾ。

DSC04295

豪快にかじる!うむ、苦くないっ、このまま食えるぞ!

 

砂糖も入れててさらに食べやすく

DSC04297

ただ味が物足りなくなってきたので、砂糖もさらに混ぜあわせてみます!

 

DSC04298

おおっこりゃーばくばくイケるぞ!あっという間に完食。

すごいな~きな粉のホスファチジン酸とやら!
ちなみにゴーヤを生でバナナ感覚でかぶりついたのは今回が初めてです(笑)

 

来年の夏は、とれたてのゴーヤをきな粉砂糖で豪快に頂くのもアリかも。他のレシピにも色々応用できそうですな。

 

この組み合わせを発見した味博士、すごいわ。

 

今日の一句

きな粉かけ バナナのごとく 食べまくる”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です