【苦味×甘味】すりおろしゴーヤを使ったゴーヤバニラアイスは、後味さっぱりでクセになる味。

現在ブログ冒頭で紹介してます

ゴーヤーレシピ本。

料理研究家の植松良枝さんの著書ですが

なかなかユニークなゴーヤレシピが盛りだくさんで

採れすぎるゴーヤの活用に参考にさせてもらってます。

 

何!?ゴーヤアイスだとっ

数多くの掲載レシピの中で一番度肝を抜いたのが

ゴーヤバニラアイス。

 

ゴーヤの数あるレシピの中でも

アイスクリームとコラボしたものは初めて。

 

ということで今回はゴーヤアイスを作るとともに

実際にその味を検証してみましょう。

 

 

ゴーヤをすりおろす

DSC02092

まず衝撃的なのがこの工程。

切るとかミキサーにかけるとかはやってきましたが

すりおろすのは初体験。

 

大根おろし用のおろし金を使います。

 

DSC02093

なかなかジューシーです。遠目から見たら宇治金時みたい。

 

DSC02094

トゲトゲがなくなったゴーヤくん。

なんか丸裸にされた感じでハズカシイ・・・

 

DSC02095

ただ今回使ったゴーヤが曲がりくねっていたので

死角部分はすりおろせず。。。

 

DSC02098

結果このような芸術作品が誕生しました。

ラッキー^^

 

DSC02103

イボが無くなったヌードゴーヤはスムージー用に。

 

DSC02104

こちらがすりおろし汁のアップ。

こりゃイイ緑!苦そうですっ

 

ハーゲンダッツ vs MOW

今回使用するアイスは

DSC02105

【赤コーナー】

アイスクリームの最高峰 ハーゲンダッツ バニラ 109.1g 238円

 

DSC02120

【青コーナー】

コスパ抜群! MOW バニラ 125.8g  98円

 

はたしてどちらが美味いのか??

 

 

侘び寂びを感じるすりおろしゴーヤの佇まい。DSC02107

深みのある器に、先ほどのすりおろしゴーヤを約20g注ぎます。

 

DSC02109

純白の器に深緑が映えます。

 

 

DSC02110

うーんなんか抹茶みたい!

ワビサビを感じます。

 

 

ハーゲンダッツ投入

DSC02112

常温で5分ほどおいて柔らかくなったハーゲンダッツを

 

DSC02113

すりおろしゴーヤの入った器に投入!

ハーゲンダッツって高いよなぁ!

ちなみに日本のハーゲンダッツは群馬で製造されているそうです。

群馬はなんでもあるなぁ。

 

DSC02114

このビジュアルはこのビジュアルでうまそう。

 

DSC02115

完全に液化しないように

手早くかき混ぜます。

 

 

DSC02116

すりおろしゴーヤを吸収して、階級をあげたハーゲンダッツ選手。

 

DSC02122

MOW選手も同じ工程ですりおろしゴーヤと融合させます。

 

DSC02124

そして両選手再び冷凍庫へ。

再び固めます。

 

翌日・・・

DSC02343

まずはハーゲンダッツ選手から。

 

DSC02344

カチンコチンに凍ってしまっているので

 

DSC02346

スプーンで掻き起します。

 

DSC02348

こんな感じ。薄めの抹茶アイスかな?

 

DSC02349

ちなみにこの日のご飯はゴーヤチャンプルー。

シメのデザートもゴーヤです。

さて気になるお味は・・・

 

DSC02350

口に入れた瞬間はバニラアイスなのですが

あとから程よい苦味が追いついてきます。

そして後味がスッキリ!

 

これはクセになる味だなぁ。

 

ちなみに左のピースサインは妻の手です。

味はGoodということで、しゃしゃり出てきてます。

 

 

続いてMOW選手

DSC02352

アイスのグレードが変わると味も変わるのか??

 

DSC02354

パット見はダッツ氏と同じですが

味は微妙に異なります。

 

これはこれで美味しいのですが

妻曰くなんかタクアンの味がするとのこと。

 

ゴーヤ×バニアラアイス(WOW)=たくあん

 

という謎の方程式がここに成立しました。

 

まぁまとめるとハーゲンダッツは高いけど間違いがないってことですな。

 

アイスって食べた後口の中がベトーっとしますが

ごのゴーヤアイスはさっぱりするので、是非一度お試しを。

 

いやはや苦さのコラボできる領域は広いですな

 

 

今日の一句

”アイス界 やっぱり最強 ハーゲンダッツ”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です