【群馬探訪⑦】天ぷら栄は店員さんがフレンドリーすぎる上、館林市長と記念写真が撮れる名店だった。

最終目的地、天ぷら栄さんへ

茂林寺で腹ごなしを完了させた我々は、夕飯を食べるため

最終目的地、天ぷら栄さんへ。

 

DSC02267

ちなみに到着したのが16:40。

 

11:10 朝食 しのづか陣屋

13:15 昼食 真心(まこと)

16:40 夕食 天ぷら栄

 

今日の食事インターバルがおかしなことになってます。。。

 

 

DSC02268

お店のショーケース。

店名に天ぷらがついてるだけあって

天ぷら料理がメインそうですね。

 

そしてやっぱりタヌキが飾ってあります。

 

 

珠玉のゴーヤ料理の数々と濃すぎる店員さん

ひとまず朝、ゴーヤ天重を食べてしまったので

”天ぷら以外のゴーヤ料理、できればカレーが絡むと尚良”

とざっくりとオーダーしてみました。

 

DSC02269

すると第一品に出てきたのが

ゴーヤスライスサラダ。

 

 

ゴーヤが薄く切られていることで

苦味も少なく、ドレッシングと調和していました。

 

 

DSC02270

そして見てくださいこの野菜の鮮度!

すべての野菜がシャリシャリしていて歯ごたえバツグン。

シンプルなんですけど食べごたえのある美味しいサラダでした。

 

このゴーヤを薄くスライスする技、帰ったら早速やってみよう。

 

 

DSC02271

続いて出てきたのが、カレーの肉詰めゴーヤのせ。

甘口の家庭的な味のカレーの上に

肉詰めされたゴーヤたちが豪華に並んでいます。

 

 

DSC02279

肉詰めゴーヤ、写真で見たことはあったのですが

実際目の前にするのは初めてです。

食べ応え十分!

 

 

DSC02274

そして店員さんのフレンドリーさが尋常じゃない笑。

カレーマン加藤氏と記念写真を撮る店員さん。

 

ゴーヤ料理を食べるために東京・千葉から来た旨を伝えると

色々ゴーヤにまつわる話を親切に教えて下さいました。

 

この遠方からわざわざ来た効果って地味にすごい。

 

DSC02276

カレーを完食するカレーパフォーマー加藤氏。

今日は2店もカレーが食べられて

彼のカレー探訪活動がより進んだことでしょう。

 

 

締めのバナナレス ゴーヤジュース

 

DSC02278

そして締めに出てきたゴーヤジュース!

これバナナが入っていないにも関わらず

飲みやすい上、後味すっきり!

 

 

DSC02277

その飲みやすさに加藤氏も脱帽(ターバン)

 

バナナが入っていないのに

なぜこんなに飲みやすいのか?

おかみさんに聞いてみたところ・・・

 

DSC02273

(写真左がおかみさん)

 

①栽培後期に採れるゴーヤは前期よりも苦くない

②カルピスを入れるのがポイント

とのことでした。

なるほど、カルピスを使うとは新しいアイディア。帰ったら早速カルピスを買ってみよう。

 

 

あれっ市長さん??

お腹も最高に膨れ上がり、お会計を済まそうとすると

隣席に座って飲んでいたグループから

”きみたち東京から来たの?わざわざありがとね。”

と声をかけられ、話をしていると

なんと館林市長とのこと。ええっ!?

 

DSC02282

せっかくなので記念撮影。

市長フレンドリーすぎるでしょっ笑

 

ちなみに顔を真っ赤にされているのはカルピスの工場長さん

館林にはカルピスの工場があるんですね。

先ほどのカルピスゴーヤジュースも館林名産物ということですな。

 

右端の御人はゴーヤ農家さん。もう少し早く来れば収穫させてあげたのに

と言ってくださいました。

やってみたかったなぁ!

 

 

館林は住民と市長の距離が近く、あったかい町なんだなと思いました。

ファンになりそう。

DSC02286

頂いた名刺。

おおったしかに本物だっ!

 

まさか旅の最後がこんなサプライズで終わるとは。

移動した距離と出会いというのは比例するとブロガーのpskさんが言われてましたが

まさにそんな1日でした。

参考:「出会いの量」は「移動した距離と時間」に比例するというお話

 

 

天ぷら栄さんは館林の名店

ちなみに今回訪問した天ぷら栄さんは、館林商工会議所主催の

激辛・激甘・激冷グルメ総選挙 2連覇

している名店だそうです。

tenpurasakae_kiji

出典:読売オンライン

 

次来た時は、この

串ナスベーカラ揚げトーフ定食

も食べてみたい。

 

というか天ぷら って屋号についてるのに
天ぷらを食べなかった僕らって一体・・・

 

 

総括

帰りのナビ

いやはや濃い1日でした。

 

館林インターに乗り東京へ。

高速を使って50分で戻れました。

 

群馬県館林市って正直どこにあるんだろう?って思ってましたが

いざ行ってみると近いですね。

 

グルメスポットも分散していて

時間掛かるかなと思ったのですが、道が混んでおらず

スイスイと回れました。

 

4-5月は壮観なツツジが咲き誇るそうなので

今度は家族を連れて行ってみようかなと思います。

 

 

【参考:館林ツアーの交通費】

トヨタレンタカーP2クラス(ラクティス)12時間 \5,184

トヨタレンタカー 免責補償料           \1,080

首都高(往復)   \1,440

高速 東北自動車道(往復)         \2,820

ガソリン代 (走行距離203km)        \2,238
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
計                          \12,762

 

グルメスポットは分散しているため車のほうがGOOD。
また多人数で行った方が1人あたりの負担額は減らせます。

今日の一句

”たてばやし 市民も市長も フレンドリー”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です