丸山和也議員の失言を批判する人たちって、ネット界の粘着質な人と同じ。ヒマなの?

政治スキャンダルが続く自民党だけど

甘利大臣・宮崎議員となにかとスキャンダル続きの自民党。

で最近またスキャンダル扱いとなったのが丸山和也議員。

行列のできる法律相談所でおなじみだったあの人です。

(出典:裏原マグ

 

この丸山議員が、黒人=奴隷発言=失言 的な感じでニュースになってるんですけども・・・

(出典:宮武嶺のエブリワンブログ

 

一体どんな文脈で出てきたのか、前後の発言も取り上げてみると・・・

 

憲法上の問題でもありますけれど、ややユートピア的かもわかりませんけれども、例えば、日本がですよ、アメリカの第51番目の州になるということについてですね、例えばですよ、憲法上どのような問題があるのかないのか。例えばですね、そうするとですね、例えば集団的自衛権、安保条約、これまったく問題になりませんね。それから今、例えば、拉致問題ってありますけれど、拉致問題って恐らく起こってないでしょう。それからいわゆる国の借金問題についてでも、こういう行政監視の効かないような、ズタズタな状態には絶対なっていないと思うんですね。

 

これはですね、例えば日本がなくなることじゃなくて、例えばアメリカの制度によれば、人口比において下院議員の数が決まるんですね。比例して。それとですね、恐らく日本州というような、最大の下院議員選出州を持つと思うんです、数でね。上院は、州1個で2人。日本をいくつかの州に分けるとすると、十数人の上院議員もできるとなると、これはですね、世界の中の日本というけれども、日本州の出身が、アメリカの大統領になるという可能性が出てくるようになるんですよ。ということは、世界の中心で行動できる日本という、まあ、その時は日本とは言わないんですけれども、あり得るということなんですね。

 

バカみたいな話だと思われるかもしれないかもしれませんが、例えば今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。はっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権も何もない。マーティン・ルーサー・キング(牧師)が出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。でもですね、まさか、アメリカの建国、当初の時代に、黒人・奴隷がアメリカの大統領になるとは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックの変革をしていく国なんです。

 

そういう観点から、例えば日本がですね、そういうことについて、憲法上の問題があるのかないのか、どういうことかとお聞きしたい。

(出典:ハフィントンポスト)

 

たしかに赤字部分だけを見ると、ちょっと問題ありそうな感じですが・・・
前後の文脈からぼくは下記のように解釈しました。

 

”アメリカは、昔奴隷身分だった黒人が、大統領になってしまうくらい、変化を受け入れる懐の深い国である。

集団的自衛権・安保・拉致問題・財政借金問題と多くの課題を抱える我が国ですが
アメリカの51番目の州になることでまるっと解決してしまうと思う。

それくらい変化に対して柔軟であるべきではないか?”

 

んー特に問題ないと思うんだけどなぁ・・・・

 

 

この言葉尻だけ拾って色々批判している人って
国語力あるんだろうか?

 

ただケチをつけるために揚げ足をとっているようにしか見えないんだけど。

 

この構図はネットの粘着民と構造が似ている

相手の真意や事実を確認せず、外野から、言葉尻をとって攻撃を加えるって
何かに似てるなーとおもったら、

実際に体験してるわけでもないのに、わかったような口ぶりでアレコレ批判するネット上の粘着民と同じなんじゃないかと。

  

なんかダサいなと思いました。

 

 

 

今日の一句

 

”批判前 1次情報 あたるべし”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です