【2ヶ月後感想レポ】プログラミングスクール不信になったぼくが、4社比較の末”DIVEINTOCODE”に入った理由。

プログラミングスクール不信になってました。

以前ものすごい反響のあった記事に書いたとおり、

  • 54万円
  • 250時間

という貴重な資源をドブに捨てた結果、猛烈なプログラミングスクール不信になってしまいました。

 

そりゃならないほうがオカシイわ!!

 

一体なにが本当の情報やねん。

  • 1ヶ月でプログラミングマスターとかアホ抜かすな
  • 価格の根拠が謎すぎ
  • オフィスの家賃高すぎ
  • てか月額980円のプロゲートで十分じゃん!

 

そんなダークネスな思考が頭の中を支配するように。

 

 

プロゲートに打ち込む日々

仕事を辞めて3ヶ月集中すればイケるだろうと考えていた目論見も外れたため、フリーランスとしての仕事を取ってこなしつつ、合間を見てプロゲートに打ち込む日々。

image

▲けっこう頑張ってました。

 

仕事や育児の合間をぬってできるし、達成感もあって良かったのですが、なんか物足りない感覚が湧き出てきたんです。

 

プロゲートで実現できないこと

 

プロゲートは確かに優れた教育ツールだと思います。質はどこと比較してもNo1であると断言できます。

ただ、どうしても実現できないことがあるんですね。それは

 

  • オフラインで学習できる機会
  • 同じ学習者同士のコミュニティ形成
  • 作りたいサービスをサポートする体制
  • 作ったサービスを発表する場

 

ぼくの性格上オンラインだけだと正直モチベーションが続かないんです。

やはりオフラインでも刺激を受けながら学習を継続できる環境が必要だなと悟ったわけです。

 

とはいえ、プログラミングスクール不信になってしまった私。

また高い金出すの嫌だし、警戒心しか湧いてこない・・・。

 

どうしたらエエねん。

 

ストリートアカデミーでスゴそうな評判の講師を見つけた

そんな悶々とした中で、何度か使ったことのあるストリートアカデミー というサービスで見つけたのが、この野呂先生。

 

image

 

MBAを取得している上に、教えた人数が1,000人以上。感想評判レビューも150件以上!

おぉぉ、なんかすげぇ信頼できそうだぞ.

3,000円の体験コースがあったので、ストリートアカデミー 経由で10/9 申し込んでみました。

 

 

圧倒的なわかりやすさと教材のクオリティ

3時間の体験レッスンを受けた感想をひとことで表すと、

 

野呂さんスゲー!

 

この作り込まれた資料を見て下さいな。

 

  • 野呂さん自身が、20代後半からまったくのゼロベースでプログラミングを学習していた。
  • その経験から”すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会をつくる”熱い想いを持っている
  • 例えが秀逸で、プログラミングが分からない方にも分かりやすい。(MVCなど)

 

あぁ、なんかここだったらちょっと身を任せても良いのかなと心が揺れました。

 

 

しかしプログラミングスクール不信の根は深かった

とはいえ、またスクールかよというのが正直なところ。

資金は無尽蔵にあるわけではないし、時間も限られているし・・・。

 

また失敗とかしたくないし・・・・。

 

そんな葛藤があって申込には至っていませんでした。

 

 

決め手となった制作発表会 デモデイ

そんな悶々とし続けるぼくの転機になったのが、10/30(土)に開催された DIVEINTOCODEの受講生が参加する

制作物発表会デモデイ(DEMODAY)

image

 

これが思いのほか良かった。

どのWEBアプリも、受講生のバックグラウンドに基づくユニークなものばかり。

DSC02101_2

▲当日配布された式次第

 

あぁ、DIVEINTOCODEに入ってしっかり学んでいけば、こういったモノが作れるんだ!

明確なゴールイメージを持つことが出来ました。

%e7%94%b3%e8%be%bc%e6%9b%b8

▲その日のうちに申込。11月より通学しています。

 2ヶ月通ってみて分かったDIVEINTOCODEの良いところ

というわけで、入校から2ヶ月経過してみて分かったDIVEINTOCODEの感想・良さを書いていきます。

 

①リアル授業がある

DIVEINTOCODEではオンラインカリキュラムだけでなく、隔週でリアルの授業があります。

同じ時期に入学した同期10-15人で授業を受けるのですが、これがなかなかGOOD。

image

都度グループワークや質疑が行われるのですが、他の受講生の質問がかなり勉強になるんですよね。

  • なぜMYSQLじゃなくてPostgreSQLなのか?
  • パラメーターはどれくらい値を保持しているのか?
  • テーブルファイルと一緒にあるシーケンサって何?

など。

あぁ、そう言われてみれば、そのへんの知識あやふやだったなぁとよく気付かされます。

 

誰かの質問が、授業に参加している全員にとって学びになるのは、リアル授業の計り知れないメリットだと思います。

 

②コミュニティが良い

DIVEINTOCODEでは、自己紹介に多くの時間を費やします。

具体的には自分のバックグランドについてスライドを作るよう課題を出されます(笑)。

 

お互いのバックグランドが共有されているせいか、受講生同士仲良くなりやすいです。

学習のモチベーションを維持する上では、このコミュニティというのは大変貴重な財産であるとぼくは思います。

image

▲DIVEINTOCODE懇親会&卒業式の様子

 

ちなみに受講生の属性は、20代から50代と幅広く

今までの人生とは違って自由な生き方・働き方を求められている方が多いです。

また仕事を辞めて申し込まれた方も結構多く(2-3割)、本気度が高いです。

 

似たような事を考えられている方にとっては居心地の良い場所となるでしょう。

 

③教室に行けば、いつでも聞き放題

DIVEINTOCODEの拠点は、渋谷にあり、毎日AM10:00~PM10:00まで自学スペースとして開放されています。

DSC01983_2

▲秋は窓辺からの銀杏が綺麗です。夏はゴーヤのカーテンになってるかも。

 

質問対応するメンターが常に目の入る場所に駐在しており、疑問点やつまずいた所があればすぐに答えてくれます。

DSC01984_3

▲学習スペースに置かれた注意書き。30分以上悩んでも解決しないなら質問すべし!

 

メンターの方も定期的に詰まっていないか巡回・声がけしてくださるので、非常に良い環境だと思います。

 

前行ってたところは、質問回答は遅いわ見える所にいないわで、どうも気軽に質問しにくい雰囲気があり、無駄に時間を浪費してしまっていました。

質問し放題と謳うスクールは多いですが、実際はどうなのか確認しておくことをオススメします。

 

 

 

③質問へのレスポンスが早い

頻繁に自習スペースに通えない方は、オンラインで疑問点を質問することになりますが、このレスポンスが非常に早い。

数時間後には返ってきます。

image

 

またこれまでストックされた質問群も 累計500件(8月~12月)と充実しているので、他の方の質問をみれば解決することも多く助かってます。

 

以前のスクール質問掲示板は2ヶ月10件。

閑古鳥泣きすぎて、ほとんど機能していませんでした・・・。

 

この質問掲示板の活況具合というのは、プログラミングスクールを判断する上で、1つの指標になるのかもしれません。

 

 

 

④アウトプットする機会が細かく設定されている

DIVEINTOCODEでは、カリキュラムの単元ごとに、課題が設定されておりアウトプットが求められます。

テキスト通りにやってわかった気になっていても、自分で考えて行う必要がある課題に直面すると、全然理解していなかったことに気付かされます。

image

▲単元ごとにアウトプットが求められる

 

逆にいうと、しっかり知識を定着した上で次に進めるので不安感はありません。

以前のところはアウトプットの機会がほとんどなく、ひとまず根性で全カリキュラムは終えましたが、知識が定着した感がなくてものすごい不安に苛まれていました。

 

ですのでぼくは、アウトプットこそが知識定着において不可欠であると考えます。

 

⑤鬼のようなコードレビューが来る

課題提出は、GITHUBを通じて行うのですが、都度野呂さんやメンターの方から鬼のようなコードレビューが戻ってきます。

image

▲1つの課題に対してものすごい量のフィードバックが!!

 

転職やフリーランス案件において一番重要なのは、チーム開発ができるかどうか。

コードの書き方が整っていないと、チーム開発効率がおちるので、こういった都度レビュー頂けるのは大変ありがたいことだと思います。

 

 

⑥デモデイ参加を通じて成果物を作れる

DIVEINTOCODEに入る大きな決め手となったデモデイ。

ぼく自身も来年1/29(土)に同期で知り合った仲間と出場することにしました。

 

デモデイにエントリーし、期日までにプロダクトを作り込むというアウトプット経験を通じて、自分自身が大きく成長出来ると考えたからです。

 

image.png

▲デモデイの企画書の一部

 

また、審査員の方も錚々たる顔ぶれ。

  • グロービス経営大学院講師 鳥潟 幸志氏
  • 企画経営アカデミー株式会社代表 大槻 貴志氏
  • 株式会社万葉代表取締役社長 大場 寧子氏

(詳細はコチラ

こんな機会はなかなかないと思います。

 

1/30追記 発表してきました!

【振り返りレポ】江田島空き家マッチングシステムをDEMODAYで発表してきた。

2017.01.30

 

 

⑦他校と比較して安い

以前通っていたところ+無料体験をしたスクール2社と、価格およびサービス内容をぼくなりに整理して比較した表がこちらです。

比較項目 DIVE
INTO
CODE
T W E
期間 6ヶ月 1ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
Total費用 29.8万 12.8万 40万 60万
講師・メンター 現役エンジニア 学生中心 現役エンジニア 現役エンジニア
教材 Webテキスト Webテキスト Webテキスト 動画
コミュニテイ ×
学習進捗管理機能
自習スペース利用
実務案件経験 × × 機能していない
アウトプットの場 なし
制作物発表会 × × ×
転職サポート

他社と比較しても非常にお得感があることが分かるかと思います。

 

なぜ他社よりも価格が抑えらるのか?

ぼくの個人的な見立てでは家賃を安く抑えているからと考えています。

 

各スクールが入居しているビルの家賃をネットで調べたのですが、DIVEINTOCODEが一歩踏み込んで家賃を抑えていることが分かると思います。

比較項目 DIVE
INTO
CODE
T W E
推定家賃
(オフィス含む)
40万 140万? 140万 200万

(出典:各社入居ビル名で家賃相場検索)

DSC01987

▲DIVEINTOCODEが入居している渋谷区円山町の大場ビルA館

 

まとめ

以上2ヶ月通ってみてのDIVEINTOCODEの良さを書きました。

前の所がひどすぎたせいか、総合的に極めて満足しています。

 

野呂さんも世界のルビーエンジニアが集うルビーワールドカンファレンス(RWC2016)でご登壇されたり、ベトナムまで出張授業に行かれたりと引っ張りだこ。

 

今まで辛酸をなめてきましたが、DIVEINTOCODEは一番信頼できるプログラミングスクールであると、ぼくは自信を持ってオススメできます。

2017年よりプログラミングスクールを通おうと検討されている方の参考になれば幸いです。

 

今日の一句

”信頼性 コスパも含めて ダイブよい”

※受講料が約4%引きになる裏技もありますので、ご興味ある方はコメント欄かtwitterのDMにてご連絡下さい。

 

2 件のコメント

  • こちらのスクールには東京近郊の人だけしか利用されてないでしょうか?地方在住なのでオンラインのみで完結するとありがたいのですが

    • 山男さん、こんにちわ。ここはオフライン環境の良さが強みですので、東京近郊の方が多いですね。
      地方でオンライン完結ご希望ですと、プロゲートをこなしつつ、学習者のコミュニティを探して集まるのが効果的かと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です