【コスパ超良】ベランダゴーヤ水耕栽培の収支を計算したら、実質2万円の利益だった!

みんな大好きなお金の面でベランダゴーヤを振り返る

今年は144個 24.2kgものゴーヤを収穫したわけですが、この成果が実際家計にどれほどの経済効果をもたらしたのか?費用対効果の視点で振り返ってみましょう。

 

今年の研究に要した総費用は2万円弱

ゴーヤ研究に投じた費用を家計簿より抽出!おおまかなカテゴリに分類した結果が下記の表です。

カテゴリ 価格
設備

¥6,057

液肥

¥5,378

タンク

¥3,440

実験器具

¥2,942

加工用品

¥1,080

¥200

総計

¥19,097

総額約2万円弱!結構使ってしまったなぁ。

 

 

2015年ゴーヤ支出(絶対額)

また上記データをグラフ化したものがこちら。
今年はじめての水耕栽培だったため、設備やタンクといった初期投資が多くなっています。

 

 

ゴーヤ栽培だけに要した実質費用は1万円弱

とはいえ、費用対効果を出すのであれば、実質栽培・収獲に要した費用のみを抽出する必要があります。

具体的には、
・ハート型ゴーヤ製作用の型、液肥槽下のキャスター台などを控除。
・4Lの液肥(ハイポニカ)も実質使った2.5L分のみを費用換算。

カテゴリ 価格
液肥

¥3,361

タンク

¥3,440

設備

¥2,500

¥200

総計

¥9,501

結果実質投資費用は約1万円弱となりました。

 

2015年ゴーヤ支出(実質額)

そうなると、費用の一番多くを占めたのは液肥という結果に。

 

 

 

144個 1個平均168gのゴーヤをお金に換算すると?

別に実際に販売したわけではありませんが、収穫した144個のゴーヤに市場価格をつけるとすればどの位になるのでしょう?

ポイントとしては下記の通り。

 

以上を勘案すると、1個あたり200円の市場価値と評価していいかなと。

 

つまり収入面で考えると200×144個=¥28,800

ということです。おおっかなり大きな額!

 

 

最終利益は約2万円!

以上勘案すると
 [収入¥28,800] - [実質投資費用 ¥9,501]=利益 ¥19,299

なんと万単位で利益が!

設備投資額は大きいものの、それ以上にリターンが大きいということですね。
また、ゴーヤの市場価格を100円と厳しめに見積もったとしても、利益を確保できる水準です。
 

2年目以降は、初年度よりも利益が!

 また、投資費用の半分は設備・タンクといった初期投資。
つまり2年目以降は液肥と苗代のみ!

その分利益も多く確保できるわけです。
そして5年間利益シュミレーションを実施したのがコチラ。

no title

 5年間で約12万円もの利益を確保!こりゃ毎年やらんと損だわ。

まとめ 

以上、費用対効果の面でベランダゴーヤ水耕栽培を振り返ってみましたが
初年度で投資分を余裕で回収できる上、2年目以降利益が更に増加するという
高すぎるコスパが立証されました。

これに緑のカーテンによる節電効果も加味するとより費用対効果が高まりますね。

というわけで、来年ゴーヤを育てようとされている方、是非水耕栽培にチャレンジを!儲かりまっせ!

今日の一句

”水耕で ゴーヤ長者を 目指そうよ”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です