ブログ相談サービスはじめました

【第4巻発売!】アンゴルモア 元寇合戦記は共に蒙古軍と戦っている感覚に引き込まれる熱いマンガ。

最近kindleが大稼働中

先日、風邪で寝込んでkindleに大いに助けられたことをきっかけに
電子書籍でマンガを買いまくっているミンチ研究員です。

いやー読みたいマンガを、本屋に行かずとも、安くすぐ買えるって
今更ながらすごい発明なんじゃないかと思います。

 

そんなぼくが今一番ハマっているマンガが、コチラ。

このアンゴルモア 元寇合戦記の魅力をぼくなりに伝えたいと思います。

 

 

魅力①題材テーマが面白い!

元寇という、教科書では1ページも満たない分量で片付けられてしまう
ニッチなテーマを扱っている時点で、ニッチ好きのぼくの心を鷲づかみ!

 

合戦モノのマンガってどうしても戦国時代が多いんですが
元寇を扱ったのってこれが初めてじゃないかね??

 

TVでも和泉元彌が主演した昔の大河ドラマ
”北条時宗” にちょっと取り上げられた位で
メジャーな扱われ方はしたことがないかと。

 

そこにあえてスポットライトをあてた作者の姿勢にカンパイです。

 

 

魅力②舞台が面白い!

今現在描かれている舞台は、九州博多湾と思いきや対馬なんですよ!

対馬って全然ピンとこない場所なんですけど、
ここに元寇がはじめ攻め入ってきていたとは知らなかった。

そんなニッチすぎる島が舞台だなんてゾクゾクしちゃいます。!

 

 

魅力③キャラが立っている

主人公は政争に敗れて流された鎌倉御家人、朽井迅三郎。
この人がムチャクチャかっこいいわけですよ。

ScreenShot_20151027001131

 

普通に考えたら、何万もの元寇の大群が小島に押し寄せたら
もうオワコンって思っちゃうじゃないですか。
けど主人公の朽井は寡兵を率いて数々の義経流ゲリラ戦法で、打ち破っていくわけです。

そういったピンチを打開する場面を何度も読み進めていくと
まるで自分たちが対馬軍としてモンゴル・高麗軍と戦っているような感覚に陥るんですよね。
わしらが日本を守らんといけん!

朽井さんに付いていけば間違いねぇべ!という風に。

 

それくらい手に汗握る、高揚感を感じられるマンガなのです。

 

歴史の面白さは意外性を発見すること。

持論ですが、歴史を学ぶ醍醐味とは、世間一般に考えられているイメージとは
全く異なる事実に立ち会えた時だと思います。

 

ぼくは7年前大阪に住んでた頃、”明智光秀サミット”となるイベントが
彼のお膝元、京都亀岡市で行われ足を運んだことがあるのですが

光秀が地元の方に心底慕われていたんですよね。
大河ドラマにするよう頼む運動まで行われていました。

世間一般に裏切り者のイメージが強い光秀が、実は領民から慕われる名君だった
という事実に立ち会えたときの感動といったらもう!

 
 

それに似た体験をこの漫画で追体験させてもらいました。

元寇って、神風が吹いてラッキー勝ちした。
御家人の竹崎季長が恩賞をもらうために、絵巻物を書かせ
ボロボロになりながら鎌倉まで旅した。

位の話だと思っていたのですが
調べてみると実際は御家人たちがかなり水際で奮戦したようです。

 

そんな元寇に対する関心を急速に高めてくれたアンゴルモア。第四巻は10/26発売です。!

 

1-3巻は現在半額のため、今のうちにまとめてゲットするのがオススメです!

 

<1-3巻のkindle版はただいま半額!>

 

今日の一句

 

”アンゴルモア 買って蒙古を 撃破せよ”

 

 

ScreenShot_20151027223138

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です