【違いは平均所得?】文京区のサミットで見かけたゴーヤ切り身 162円(税込) 栃木産

ぼくが住んでいる荒川区のとなりには文京区があります。

そこでふと立ち寄ったスーパー サミットにて

ゴーヤを発見!

2015100920170000

170g位?の大きさで税込で265円。産地は栃木産。

なかなかいい値段です。

 

つづいて横を眺めてみると・・・

2015100920180000

ゴーヤスライスカットが162円(税込)で売られている!

 

こういった売り方は、パイナップルとかメロンとかで見たことはありますが

まさかゴーヤでも行われていたとは。

 

しかも大した量じゃないのに、いい値段してます。

 

季節がちょっと外れたゴーヤを

熱烈に求める層がいるんでしょうか??

 

 

なぜ同じ都内で売られていたり売られていなかったりするのか?

 

最近の調査状況から鑑みると

【終戦?】9/11 近隣スーパー5軒まわったけど、どこもゴーヤが売っていない件

山手線内側のマルエツでゴーヤがまだ売られている!300-322円(税込) 群馬 & 長崎産 

 

都内においては、

・荒川区・北区・・・ゴーヤ販売なし

・千代田区・文京区・・・ゴーヤ販売あり

 

という結果になってます。

同じ都内でも、なぜ異なるのか?

 

ひょっとすると平均所得が高い地域ほど

季節外れのゴーヤが売られているのでは?とおもい

東京都23区の平均所得を調べてみると

 

 

千代田区・文京区は高い水準に区分けされ

b8e4ab118b5794e06fef6cdd67324107

出典:かっこ株式会社 東京23区のエリア属性別所得推移(2008-2013年版)

 

 

荒川区・北区は庶民エリアという扱い。

6ac48d4eaaeb68ea31f8bf05badb16aa

出典:かっこ株式会社 東京23区のエリア属性別所得推移(2008-2013年版)

 

 

もし高額な季節外れのゴーヤを、高所得層が求めているのであれば

非常に興味深い事実。

 

一番平均所得が高い港区では

ゴーヤバカスカ売ってるのでしょうか?

 

立ち寄る機会があれば調査してみようとおもいます。

 

今日の一句

 

”旬過ぎた ゴーヤはセレブな 高級品”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です