山手線内側のマルエツでゴーヤがまだ売られている!300-322円(税込) 群馬 & 長崎産 

都心でマルエツを見るとリサーチしたくなる。

うちのゴーヤもすっかり枯れはじめ、もう収穫できないんじゃないか
って位衰弱。

もはやゴーヤは調達できないと思っていたら

10/6、防衛省訪問時途中に立ち寄る市ヶ谷のマルエツにて発見!

20151006113100000001

 長崎産ゴーヤが322円(税込)

大きさも充分ある立派なゴーヤ。
長崎県はまだ気温が高いのかしら??

しかし、市ヶ谷のマルエツは、いつもゴーヤ売ってるなぁ。

続いて10/7、所用で立ち寄った飯田橋で発見したマルエツにて発見!

2015100719040000

こちらは群馬産300円(税込)

まだ群馬で採れるのか!ハウス栽培かな?
ただ大きさは長崎産よりは小ぶり。150gくらいかな?

荒川区のマルエツにはなかったけれど
なぜか山の手線内のマルエツにはゴーヤが売られている。
しかも300円越え。

300円あれば
・まいばすけっとの19円もやしが15個も買える。
・OKストアで豚肉が300g買える。
のだ。

それでも売られているということは
高くてもゴーヤを熱心に買う人がいるということか。

じゃあなぜ?
健康にイイから?
苦味がヤミツキになるから?

このあたりのマーケット情報がわかると
ゴーヤ農家は面白いと思います。

今日の一句
”高くても ゴーヤを求める セレブかな。” 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です