【群馬インスパイア】ありったけのゴーヤを投入した理想のゴーヤカレーを作ってみた。

群馬のゴーヤ×カレーキャンペーンにインスパイアされる。

先日訪問した群馬県 館林・邑楽にてゴーヤグルメを食したのですが

邑楽・館林取材記事一覧

 

さまざまなゴーヤ料理を食し

自分でもゴーヤカレーを作ってみたいという感情が

湧き出てきました。

 

 

ボウル1杯のゴーヤを使う。

DSC02666

今回使う材料(8人分)

 

ゴーヤ3本(ボウル1杯)

豚肉:700g

おろし生姜:適量

おろしにんにく:適量

トマト:1個

たまねぎ:2個

カレールー:グリコ プレミアム熟カレー 中辛

 

ゴーヤ感を感じるため、にんじん・じゃがいもを除外し

ゴーヤを多めにしたゴーヤシフトです。

ルーは特にこだわりなし。
まいばすけっとで売られていた中で美味しそうなパッケージだったので。 

 

DSC02667

なべに、オリーブオイルを敷き、

 

DSC02668

たまねぎを入れて、色づくまで炒めます。

色づいたら豚肉を投入します(写真撮り忘れた・・・)

 

 

DSC02669

豚肉に火が通ったら、ボウル1杯のゴーヤをドガンと投入します。

うーん鮮やかな緑!

 

DSC02670

すべての具を均等に混ぜ

ゴーヤに火が少し通り始めたら

 

 

DSC02671

トマトを投入。

トマトも映えますなぁ。

 

 

美味しそうな煮込み段階

DSC02672

そこそこに火が通ってきたら

水を900ml注ぎます。

 

DSC02673

ぐつぐつと煮込みます。

 

DSC02674

沸騰しアクを取ったら

 

DSC02675

いったん火をとめ、ルーを投入。

 

 

DSC02676

具全体に行き渡るよう、お玉を使って底から混ぜあわせます。

 

DSC02677

混ぜ終わったら、最後火をひとかけし

 

DSC02678

しばらく寝かせます。おいしくなーれ!

 

 

4時間後、食う

近所にある妻の実家の夕食として、ゴーヤカレーを持参。

再び火をかけ、お皿に盛ります。

 

IMG_5882

ゴーヤが盛りだくさん!豚肉もふんだんに使いました。

 

IMG_5883

妻方の実家にあったオニオンフライをふりかけて完成。

 

IMG_5885

妻の撮影したインスタ画像。

美味そう。。。

 

実際のお味のほうですが、ゴーヤの苦味がルーに溶け込んで

後味に心地よい苦味が。あぁ幸せ。

 

やはり辛さと苦味は合いますな。

スパイスとモモルデシンの2重の食欲増進効果で

おかわりが進みます。

 

妻の実家でも好評で、喜んでもらえてよかったっす。

 

一晩寝かせて、カレーパンに

8人前作ったのでさすがに2-3人前分余り、1番寝かせることに。

 

DSC02685

より味が染み込んだ感じがするゴーヤカレー殿。

 

DSC02683

トーストしたパンの上に載せて、カレーパンに。

やはりカレーは寝かせると美味い!

 

悲劇は突然に

調子にのったぼくは、なべにフタをして

さらに常温で放置。

 

翌朝、なんか酸っぱい臭いがするなと

なべのフタを開けたら

DSC02687

カレーの表面に白いカビ状のものが!

せっかく作ったのにショック!(写真はフタですが・・・)

 

まだ食えるかもと表面だけすくってみるも

なんか糸引いてるし。

 

これチーズみたいに食えるカビなのかなと調べてみたら

YAHOO知恵袋:カビが表面にきていました カレーですそれをカビが表面上だけ .

やっぱアカンと。

 

 

DSC02688

泣く泣く

 

 

DSC02689

処分。

カレー捨てるのって結構大変。

 

カレーって香辛料入ってるから腐りにくいっと思っていたのですが

案外弱いんですね。

 

十分寝かしたカレーをガッツリ食すことはできませんでしたが

次回は気をつけなければ。ちゃんと冷蔵庫に入れようと思います。

 

 

今日の一句

 

”気を抜くと すぐにカビるよ ゴーヤカレー”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です