1つの苗からトマト1万個⁉︎ 水耕栽培≒ハイポニカ その驚くべき性能を紹介するぜ!

ベランダ農家が高収量を実現するためには
効率のよい水耕栽培がキーだ!と書きましたが
参考記事:水耕栽培はベランダゴーヤ農家の救世主だ!

ぼくが実際に使っているのはハイポニカという液体肥料。

大阪の協和という会社が製造しており40年以上歴史があります。

ぼくがこの存在を知ったのは大学生くらいの頃。

昭和60年(1985年)のつくば科学万博 政府館において
約13,000個を実らせたトマト木というものがあったというのを
知ったからです。

201207311001012d4

これが当時の写真らしいのですが
いやはやホントに木。というかジャングルです。
しかもこれ、たった1つの種から大きくなってるんですよ。

なぜこんなに成長するのか?

それは端的にいうと
土がないから。

逆説的なのですが
土というものは植物が根を伸ばす上で
物理的な障害要因であり

それを取り除くことで根が無限に広がっていく=上部も大きく成長する

のです。

とはいえ土壌中の養分はどうなるのか?

それに代わるのが
ハイポニカという成長に必要な元素を
バランスよく配合した液肥なのです。

話がながくなったので
ハイポニカを使って育成した例をネットから拾ってきましたので
紹介します。

AS20150523003304_comm

出典:朝日新聞デジタル版

ハイポニカの製造元、協和の敷地内にある植物園の様子。トマト8,000個なってるそうです。
これを200-300gあたり200円で直売しているとのこと。
トマト1個150gとすると
8000×150÷300×200=40万円 スゴー!

601ne

出典:水耕栽培・ハイポニカ情報サイト エコゲリラ

ハイポニカで育てたトマトの根です。
まぁこれでもかというくらい張ってます。

44288470

出典:ネットゲリラ

いやはや壮観な光景。緑と赤のコントラストが美しいですね。

tomatone2
これトマトの根らしい。太すぎ・・・。
nekyoboku

出典:ごきげん野菜

ぼくがいつも参考にさせて頂いている
水耕栽培のノウハウがまとめられているサイトからの引用。

この白いやつ根なんですって。
もうもはやマットですよ。

くそ暑い夏にこの上で寝たら涼しそう。

どうでしょう。
ハイポニカの脅威の性能わかって頂けましたでしょうか?
事例を調べてみるとトマトが多いですね。

なんでだろ?

というわけでぼくはこの強力なアイテムを使って
ベランダという狭い空間でゴーヤ100個収穫を実現してみせますよ!

今日の一句

 
”ハイポニカ 水耕界の 大エース”


7/24追記
協和さんのほうで分かりやすい動画を作られていました◎
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です