【月例報告】10月は7個収獲と急減速。気温には勝てぬ。累計144個で今シーズン終了。

10月は9月から急降下してしまった

収穫進捗計画_10月

このとおり、はじめて計画値を下回る結果となりました。
まさかここまで急減するとは・・・。

 

 

9月下旬以降、収獲ペースが一気に鈍化

10月結果

日数ペースでみていくと、9月下旬以降ほぼ横ばい。
平均重量もどんどん減少してしまいました。

 

 

気温・液肥補充推移

10月液肥補充量推移

(気温出典:気象庁 東京都 東京地点データ)

液肥の補充量と最高・最低気温を示したのがコチラ。
9月末頃から液肥の補充はピタッと止まってしまいました。

この時最低気温が15℃を下回っています。

 

つまり今回育てた品種は、最低気温が15℃あたりが生育限界だったということでしょう。
昨年以前の気温推移と比較すると、今年は気温の低下が早く来たようです。

もし例年通りであればもう少し採れたかもしれませんね。

 

今年はID野球ならぬIDゴーヤだった

これほどまでデータを重視して植物を育てたことはなかったのですが
見返してみるといろいろ発見があって面白いです。

今年のデータを活かして、来年は200個以上を目指したいと思います!
DSC00815

 

 

今日の一句

”15℃を 下らぬ世界に 行ってみたい”  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です